芸能

俳優生活55年小倉一郎 若き日の孤独を撮影所が埋めてくれた

俳句手帳を手にする俳優で俳人の小倉一郎

 俳優生活55年を迎えた、俳優で俳人の小倉一郎(64才)。細身で頼りなさそうなキャラクターを強みに、市川崑監督(享年92)や深作欣二監督(享年72)など名匠たちと渡り合ってきた。一方で俳句やエレキギター、作詞作曲、篆刻(てんこく=書画などに使う印章を作ること)、墨絵…とマルチな才能をのぞかせる。尽きることのない彼の好奇心はどう生まれたのか?

 梅宮辰夫(77才)の口添えで東映児童演劇研修所に入り、石原裕次郎さん(享年52才)主演の『敗れざるもの』(1964年)で映画デビュー。脚本家の山田太一(81才)にかわいがられ、多くの名匠たちと渡り合ってきた。出演した作品は約500以上。それでも、“大御所だぞ”と、偉ぶるところは一切ない。むしろ、「密着は長丁場になるでしょうから、こちらをどうぞ」と、パンや寿司をふるまわれてしまう。さらに自身の著書、CD、手品グッズ、特注の原稿用紙…と会うたびに手土産を渡される。

「いや~…そんな特別なことは。養母は生前“人によくしろ”と言っていましたから。あ、生みの母はぼくを産んで1週間で亡くなってしまっているんです。父は結核で入院したきりだったので、父の姉、つまり伯母が引き取ってくれました。その時、伯母は51才でしたから、バアさんです(笑い)。一生懸命育ててくれたのは幼心にもわかりました。生活保護を受けているのに、月賦でぼくのギターを買ってくれたり。でも言葉遣いにはうるさくて、ちょっとでも変なこと言うと物差しでぶたれましたね(苦笑)」(小倉・以下「」内同)

 慈しむように家族の話をする小倉。実は小倉には双子の兄がいたが、2才の時に船着き場で遊んでいてふたりとも溺死し、2つ上の姉は小倉が16才の時に脳腫瘍で亡くなってしまった。そして入退院を繰り返していた父も交通事故で不慮の死を遂げてしまったという。そんな孤独を埋めてくれたのが、撮影所であり、本だった。

関連記事

トピックス

みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
NEWSポストセブン
街コンにも様々なタイプが…(イメージ)
既婚者だけが集まる「不倫街コン」 会場全体で「パートナーには内緒」の共犯関係が成立
週刊ポスト
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン
「田中碧選手のファンです!」と語る2人組
「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮
NEWSポストセブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン