• TOP
  • ビジネス
  • 鴻海 シャープから欲しいのはサムスン等に勝つ液晶技術だけ

ビジネス

2016.03.08 16:00  週刊ポスト

鴻海 シャープから欲しいのはサムスン等に勝つ液晶技術だけ

 有機ELはライバルのサムスンやLG電子といった韓国電機メーカーも「次世代の世界標準規格」と見定めているため、熾烈な開発競争が予想されている。

 鴻海はシャープに投じる成長資金の約半分を、有機ELパネル開発など液晶部門に回すと見られている。郭氏はライバルに勝つためにシャープの技術力が必要なだけなのだ。

 鴻海にしゃぶり尽くされるのではないかという危機感が募るシャープ社内では、社員が“脱走”を始めているという。ジャーナリストの片山修氏が語る。

「かつての“技術のシャープ”を支えた優秀な技術者の多くは、すでにパナソニックやサムスンなどに移っています。おまけに鴻海に買収されることでシャープは本当に再建できるのかと、社員の多くが未来図を描けず不安だけを募らせている。今のシャープは技術力も士気も衰えた沈没寸前の状態です」

※週刊ポスト2016年3月18日号

関連記事

トピックス