• TOP
  • 国際情報
  • 史上最凶反日映画 ユダヤ人虐殺のような犯罪だと監督

国際情報

2016.03.09 07:00  SAPIO

史上最凶反日映画 ユダヤ人虐殺のような犯罪だと監督

『鬼郷』予告編より

 韓国で酷い反日映画が公開された。旧日本軍に蹂躙された朝鮮人少女の慟哭を描いたという慰安婦映画『鬼郷(キキョウ)』。元慰安婦の証言を基に作られたという同作品が、慰安婦問題の新たな火種になることは必至だ。

「旧日本軍は強制連行した朝鮮人少女を性奴隷にし、虐殺して燃やした」──。

 韓国人元慰安婦・姜日出(カンイルチュル)氏(87)の実体験をモチーフにしたという映画『鬼郷』が2月24日に韓国で公開され、韓国人の反日感情を燃え盛らせている。

 同作品の趙廷来(チョジョンレ)監督(42)は、元慰安婦が共同生活を送るボランティア施設「ナヌムの家」で出会った姜氏に取材を重ね、14年の歳月をかけて映画化にこぎ着けた。制作費はネットで出資を募る「クラウド・ファンディング」で賄われ、7万5000人を超える市民から総額約12億ウォン(約1億2000万円)の寄付金が寄せられたという。

 映画は、老婆となった元慰安婦の少女時代と現在が交互に展開する構成で、強制連行に始まる“慰安婦の悲劇”が物語の中心に据えられている。

 舞台は1943年の朝鮮半島。のどかな田舎町の民家に複数の日本兵が押し寄せた。目的はこの家に住む14歳の少女、チョンミン。兵士は泣きすがる両親を足蹴にし、彼女を引きずるように民家から連れ去った。連行されたのは、日本軍が支配する中国のとある慰安所。ここに集められた10代半ばの朝鮮人少女たちは、いずれも「靴工場での労働」などと騙され慰安所に送り込まれていた。

 事情を呑み込めないまま慰安所に来たチョンミンは、軍医に無理やり下半身を検査され、処女であることが確認されると薄暗い個室に押し込められる。そこには年配の日本人将校の姿があった。

「14歳のヴァージンか……」

 と不敵な笑いを浮かべ、彼女に襲い掛かる将校。チョンミンは必死に抵抗するが、激昂した将校に気絶するまで殴られ犯される。他の個室からも同様に、犯され泣き叫ぶ少女たちの声が響いていた。

 慰安所ではこうした暴行やレイプが日常的に繰り返され、廃人同様になる慰安婦や、暴行による死者まで出たと描かれる。

「今日は生理だから許して下さい」と懇願する慰安婦を鞭で威嚇し、薄ら笑いを浮かべる兵士。戦闘に巻き込まれ死んだ少女の血染めの服を慰安婦に着せ、反応を見て楽しむ兵士もいた。

 映画が進むにつれ、日本軍の非人道的行為はエスカレート。ある晩、チョンミンは、慰安婦を不憫に思う日本兵・コダマの手引きにより逃亡を試みるが、たちまち捕らえられ仲間とともに拷問にかけられる。

 逃亡事件を知った将校は血まみれの彼女たちを整列させ全裸になるよう命じると、

「お前らは人間ではない。我々皇軍の欲望を満たす“メス”だ!」と言い放った。

関連記事

トピックス