• TOP
  • 芸能
  • 松井玲奈 ドラマで奇抜キャラを好演し女優業への期待高まる

芸能

2016.03.26 16:00  NEWSポストセブン

松井玲奈 ドラマで奇抜キャラを好演し女優業への期待高まる

松井玲奈が好演(『ニーチェ先生』公式HPより)

 女優を目指しグループを卒業した、元SKE48の松井玲奈(24)。2016年1月から「Hulu」で先行配信され、日本テレビ系で毎週土曜に放送中のドラマ『ニーチェ先生』で、初の連続ドラマ出演を果たし、話題を呼んでいる。同ドラマは、架空のコンビニエンスストア「スリーセブン」を舞台に、コンビニ店員と客との間のコミカルな絡みを描いた作品だ。

 松井は、間宮祥太朗演じる「ニーチェ先生」に恋をするヒロイン役を演じている。ニーチェ先生は、仏教学部に在籍する大学生で、突如般若心経を読み上げるなどの奇行が目立つキャラクターだ。ただし、松井演じるヒロインも一風変わっている。ニーチェ先生にアピールすべく、コンビニのゴミ捨て場に潜伏したり、般若の形相でコンビニ店内を覗き込んだりと、その奇行っぷりは凄まじい。

 この松井の演技を見て、SKE時代からのファンはどんな心境なのだろうか。男性Aさん(31歳・IT系)は、次のように思いを語る。

「今回の『ニーチェ先生』は、女優としての松井玲奈のポテンシャルを引き出してくれた良作だと思います。玲奈ちゃんは、普段ハスキーボイスで、そこまでテンションが高い子ではありません。しかし、今回の作品では、常にハイテンションで腹から声を出して叫んでいます。

 セリフもしっかりと滑舌よく話せていて、普段のトークでは聞くことができない声を堪能できるところも最高です。コミカルな演技ができることで、舞台などでも活躍できそうですね」(Aさん)

 SKE発足当初から松井のファンだという女性Bさん(27歳)も、こう語る。

「これまで玲奈ちゃんは、恋愛とは無縁の存在だったんです。それが一気に、主人公を偏愛する役へと転じたことが、ファンにとっては衝撃でした。ゴミ捨て場を漁ったり、レシートを使って告白するなどの“奇行”が面白いというのもありますが、なによりも『顔芸』が魅力です。

 アイドル時代は絶対に見せなかったような百面相を見られることが、何より面白いです。AKBグループ上がりで女優を目指す人はたくさんいますが、私は川栄李奈と玲奈ちゃんが女優ツートップだと確信しました」(Bさん)

 清楚系アイドルから一転。奇抜で難しい役を与えられた松井だが、それをきっかけにファンの間では女優・松井玲奈への期待がさらに高まっているようだ。

関連記事

トピックス