芸能

古舘キャスター退任間際に『報ステ』視聴率上昇の理由

古舘氏が抜ける4月以降の『報ステ』はどうなる?

 古舘伊知郎キャスター(61)の退任を目前に控え、3月に入って、『報道ステーション』(テレビ朝日系)の視聴率が上昇している。3月限りで12年間キャスターを務めた古舘氏が退き、後任にはテレビ朝日の富川悠太アナウンサー(39)が就く。

 人気番組『ニュースステーション』の後を受けて始まった同番組は、2004年の放送開始から昨年末時点まで全2960回の平均視聴率13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)を獲得。近年、テレビ界全体の視聴率が下がるなかでも、高い数字を残してきた。

 とはいえ、近年は視聴率2ケタを取れないことも珍しくなく、古舘キャスター退任発表前の昨年12月は18回中7回が視聴率1ケタに終わっていた。それが、今年2月は1ケタが1回のみ。古舘氏最後の月となる3月に入ると、昨年12月に3回しかなかった13%越えを既に6回も達成している(3月25日現在)。

 3月18日(金曜)には、古舘氏自身がドイツで取材した特集「独ワイマール憲法の教訓 なぜ独裁が生まれたか」を約27分にわたって放送。自民党の憲法改正草案にある「緊急事態条項」とドイツのヒトラーが独裁のために悪用した「国家緊急権」を重ね合わせ、話題を呼んだ。テレビ局関係者が話す。

「いつもなら『報ステ』は金曜の視聴率がそれほど良くなく、1ケタに終わることも珍しくない。それがこの日は12.8%と高い数字を残した。このような特集ができ、注目を集められるのは、『報ステ』のブランド力や取材力、そしてファンもいればアンチもいる古舘さんの存在も大きいでしょう。テレビ界にとって、この両面を持っている人はすごく貴重な存在です。視聴者は『好きだから見る』だけでなく、『嫌いだからこそ見てしまう』という側面も持っている。古舘さんの退任が決まって以降、この傾向がより顕著になっているのではないでしょうか」

 それでは4月から古舘氏が抜ける『報ステ』はどうなるのか。

「古舘さんは意見を言うからこそ批判されることもありましたが、久米宏さんが『ニュースステーション』で作った“キャスターが意見を言う”という流れを上手く引き継いだ。次期キャスターの富川アナは安定感こそありますが、局アナということもあり、古舘さんのように賛否両論を巻き起こす意見を言う可能性は低いと思います。そうすると、視聴率に影響が出るのではないでしょうか」

 ニュース番組によって、さまざまな作り方や意見を言うキャスターがいてこそ、視聴者は考える材料を得られる。古舘氏が去った後の『報ステ』に注目したい。

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン