芸能

フジ入社の藤井フミヤ長男「ドラムやり過ぎて留年」の武勇伝

長男がフジテレビに入社した藤井フミヤ

 4月1日にフジテレビの入社式に歌手の藤井フミヤ(53)が姿を見せた。大物ゲストを招くとはさすがフジの入社式──と思いきや、彼の出席は“新入社員の親として”だった。フジテレビ関係者がいう。

「フミヤさんの長男の弘輝くん(24)がアナウンサーとして入社したんです。フミヤさんは子煩悩で知られるだけに、入社式では感慨深そうでした。フミヤさんは1993年に『あすなろ白書』の主題歌(『TRUE LOVE』)を歌っていた縁で、同ドラマのプロデューサーだった亀山(千広)社長と親しいことで知られています。社内の一部では“コネ入社じゃないの?”と揶揄する声もある」

 藤井弘輝アナは、高校時代を慶応義塾ニューヨーク学院で過ごした後、慶大文学部に入学。今年3月に卒業した。高校・大学を通じて友人だった男性が語る。

「弘輝が落ち込んでいたとき、『ギザギザハートじゃん』といじられたことがあった(笑い)。そのときも笑っていたし、やんちゃで気の良い“愛されキャラ”でした。見た目はお父さんを背を高くして色黒にした感じの爽やかイケメンです」

 そんな弘輝アナも父に影響を受けたのか、学生時代はバンド活動にのめり込んでいたという。とはいえ、父と同じボーカルではなくドラマーだった。

「高校の時から、ずっとドラムをやっていました。それほど上手いワケじゃないんですが(笑い)、ドラムにのめり込みすぎて、高校時代に『留年』してしまったことがあるんです」

 と華やかな経歴に隠れた意外な“つまずき”を明かす。

「大学には1年遅れでなんとか進学しましたが、大学時代も友人にノートを借り、単位ギリギリで卒業した。常に最新のニュースを理解して伝えるアナウンサーが務まるのかちょっと心配です(笑い)」(同前)

 いつか彼が司会のフジの音楽番組で息子のドラムをバックに歌うフミヤの姿にも期待したい。曲はもちろん「子守唄」で。

※週刊ポスト2016年4月22日号

関連記事

トピックス

中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン