藤井フミヤ一覧

【藤井フミヤ】に関するニュースを集めたページです。

六本木ヒルズの一角がハワイの雰囲気に!このイベントのために来日したハワイ在住カリスマコーディネーターのマキ・コニクソンさん。
紗栄子、トヨエツ、藤井フミヤ、山田優も行った“六本木のハワイ”
 六本木ヒルズにある期間限定のポップアップスペース「ヒルズボックス」で、過去最高の売上記録を更新中のイベントが開催中だ。 紗栄子、トヨエツ、藤井フミヤ、山田優、SHIHOと長女・サランちゃん、小嶋陽菜、さまぁ~ず、勝俣州和、高橋みなみ、神田うの・・・など、多くの著名人もプライベートで訪れているこのショップイベントは「THE HAWAII selected by Maki Konikson」。 2019年の日本からハワイへの渡航者数は約157万人(ハワイ州観光局調べ)。これまでだったら夏休みはハワイに行って楽しんでいた日本人も旅行に気軽に行くことができない今。SNSでも「#ハワイロス」がよく登場するフレーズとなっている。 また、日本人観光客がいなくなってしまって、「We miss Japanese!」と困窮しているハワイのお店やホテル、観光に携わる人達。日本にハワイの気分をおすそわけして双方を少しでも笑顔にできればと、ハワイ在住の人気コーディネーター、マキ・コニクソンさんがプロデュースしたのがこの企画だ。『マリエオーガニクス』など、ハワイを代表するブランドのアイテムが並び、連日賑わっている。もちろんウィルス感染対策も万全で、入場は抽選による事前予約が行われたり、現在も混雑状況によって整理券が配布されている。 ハワイのお土産としても定番で日本初出店の『クッキーコーナー』のクッキーはイベント開始直後に即完売。その後も3回、ハワイから再入荷しているが、入荷のたびにまたすぐ売り切れてしまう大人気状態が続いている。「実は、『売り切れで買えない!』というクレームも何件もありました。でも、丁寧に説明したらみなさんわかっていただけました」と明かすのはマキさん。「『クッキーコーナー』のスタッフは私も以前からよく知っているのですが、日本人の観光客が来なくなって工場を縮小して従業員を減らさざるを得なかったんです。それでも日本で待ってくれている人たちに届けられたら、と最初からかなりの数の商品を用意していたのに、あっという間にソールドアウト。急きょ、従業員を呼び戻してフル稼働で追加生産をしているんです」 クッキーコーナーのオーナーとフレッシュなクッキーを日本に届ける約束をしているので、都度空輸をし規定の温度で保管をしたりと大変ではあるけれど、何よりハワイの人達に活気が戻ったことがうれしい、とマキさん。「買えない」と不満を持っていた人たちも、実情を知って逆に応援してくれるようになったという。「今回、日本の“ハワイラバーズ”の方々にはほんとうに助けられました。(山田)優は優のママと一緒に、『ハワイだぁ!』って何度も言ってくれて。相変わらずシブくてかっこいいトヨエツ様も店内に入るなり“ニッコリ”、とっても喜んでくれました。2年前からずーっと『ハワイに行きたい』って言ってるフミヤさんも来てくれたり。さまぁ~ずの2人はほんとに仲がよくてオフの日にそれぞれの家族が一緒に遊びに来てくれました。紗栄子も神田うのちゃんもたくさんお買い物してくれて、ほんとうにありがたいです」 見事に多くの人を元気づけてくれたこのイベント。ハワイと日本を笑顔でつないでいるマキさんは、まさに「ハワイと日本の架け橋」になっている。日韓の架け橋になりたいと思いながらも昨今の情勢でどう動けばよいのかわからずいた私。まずは周りの人の笑顔のために動くことが一歩かもしれないと思った。(文・Soozy)【プロフィール】Soozy/映像クリエーター/1988年、韓国生まれ。小さいころから日本が大好きで、高校卒業と同時に日本へ留学。2年間日本語学校に通い、慶応義塾大学環境情報学部入学。卒業後、映像制作の仕事に就く。ドラマの力で日韓の架け橋になれたらと発信中。Instagram:sooooozy12
2021.08.11 07:00
NEWSポストセブン
泉ピン子、香取慎吾、藤井フミヤ…熱海土石流災害で不安を抱く著名人達
泉ピン子、香取慎吾、藤井フミヤ…熱海土石流災害で不安を抱く著名人達
 伊豆半島の付け根にある静岡・熱海は、のどかな雰囲気と全国でも有数の湯量を誇る良質の温泉地として、江戸時代から多くの人に愛されてきた。歴史ある街並みが地獄絵図と化したのは7月3日、午前10時半頃のこと。すさまじいどす黒い濁流があたり一面をのみ込んでいった。家や車が猛スピードで流され、人が消えた。降り続く雨の影響で、市内を流れる逢初川の河口から約2kmの地点が起点となり、土石流が発生したのだ。 被害を受けた住宅は約130棟。7人の死亡が確認され、行方不明者は27人に上る。家を離れ、公共施設や旅館などに避難している人は580人以上。いまもなお、土砂に足をとられながら、警察や消防、自衛隊を含め約1100人態勢で救助活動を行っている(被害状況は7月6日時点)。 土砂が街をのむ様子を目撃していた60代の女性は、その瞬間をこう振り返る。「雨とは違う『ゴゴゴゴゴ』という雷が遠くで鳴るような音がして、窓の外を見たんです。そうしたら、大きな木を巻き込んだ土砂が、隣の家に流れ込んでいた。うちの家の方にも来るかもしれないと、慌てて3階に避難しました。 30分ほどして、流れが収まったかなと思ったタイミングで、また、地響きのような音がした。今度はもっと大きな4〜5mもある黒い土砂が波のようにこちらに押し寄せてきて、あっという間に2階まで埋まった。本当に生きた心地がしなかったね……」 今回、最も被害が大きかった住宅地は、熱海駅から徒歩20分ほど。車だと5分もかからない距離だ。付近には、小泉今日子(55才)が奉納した鳥居がある伊豆山神社があり、年間を通じて多くの観光客が足を運ぶ地域だ。翌4日も早朝から救助活動が始まったが、正午頃に小規模ながら新たな崩落が発生。危険と隣り合わせの状態で、現在も救助活動が続いている。「土曜日は、心配で眠れぬ一夜を過ごしました。一日も早く、被災者のかたがたが安心して暮らせるようになることをお祈りしています」 心配そうに目を伏せながらこう話すのは、熱海でギフトショップを2店舗経営する五月みどり(81才)だ。流れ込んだ雨で地下倉庫に浸水があったものの、スタッフ共に無事だという。 不安な日々を過ごす著名人は五月だけではない。熱海には、芸能人が住む高級マンションや別荘が点在している。泉ピン子(73才)は10年ほど前に移住、藤井フミヤ(58才)もセカンドハウスを持つ。土石流が発生した後、SNSで無事を報告する芸能人も少なくなかった。 両親が熱海に住む芸能人も多数いる。羽田美智子(52才)や丸山桂里奈(38才)らは、両親が熱海に暮らしていることを明かしており、香取慎吾(44才)も静かに被害状況を見つめていた。「実は、香取さんの両親は、10年ほど前から熱海の高級リゾートマンションに住んでいます。もともとは伊豆に別荘を持っていて、老後は海辺の街で暮らしたかったのだとか」(芸能関係者) 静かに余生を送る場所としても人気だった熱海だが、災害に対する脆弱性が顕になってしまった。※女性セブン2021年7月22日号
2021.07.08 19:00
女性セブン
チェッカーズ名曲を解禁の藤井フミヤ、恩師と“絶縁”真相を語る
チェッカーズ名曲を解禁の藤井フミヤ、恩師と“絶縁”真相を語る
 1992年のチェッカーズ解散後、デビュー曲の『ギザギザハートの子守唄』や『涙のリクエスト』を封印してきた藤井フミヤ(58才)。 3月27日に放送された、特別番組『激レア! 藤井フミヤ ギザギザハートからTRUE LOVE!』(NHK BSプレミアム)で29年ぶりに披露したのに続いて、現在、行っている全国ライブ『藤井フミヤ コンサートツアー 2020-2021“ACTION”』でも、熱唱してファンを喜ばせた。 これらの曲を作曲したのは、中森明菜の『少女A』、岩崎良美の『タッチ』など数々の名曲を生み出した有名作曲家・芹澤廣明氏。  チェッカーズ解散後もソロとしてヒット曲を連発し、定期的にライブも開催しているフミヤだが、芹澤氏の手掛けたチェッカーズ時代の曲を人前で歌うことはなかった。 その背景には、フミヤと芹澤氏の確執があると言われてきた。メンバーの高杢禎彦(58才)は2人の間に金銭問題があったと著書『チェッカーズ』の中で綴っている。 今回、芹澤氏の楽曲を解禁したのはなぜなのか。「昨年9月、フミヤさんから芹澤さんに連絡をしたんです。コロナで疲弊している人たちに元気を届けられるなら、と芹澤さんと話すことを決めたそうです」(テレビ局関係者) 真相についてフミヤを直撃した。紺色のキャップに紺色のパーカー、黒のスウェットパンツ姿で愛犬の散歩をしているところを声をかけた。──『ギザギザハート~』などをずっと封印していたのはなぜですか?「チェッカーズの曲をおれがひとりで歌って、それをビジネスにするのは抵抗があったんだよね……」──芹澤さんとは長年にわたる確執があったようですが。「確執とかじゃないですよ。当時、芹澤さんが作ったチェッカーズの曲のカバーを、レコード会社がこちらに挨拶もなしに作ろうとして、礼儀に反していると思っただけです。だから芹澤さんも『フミヤくんのせいじゃない』って、言ってくれました」──では、けんか別れしたわけではない?「そうだね。お会いしたとき、芹澤さんも『どんどん歌って』って言ってくれたし、これからも曲を書いてくださいっていう話もして」 4月15日発売の『女性セブン』では、「チェッカーズ復活と母との別れ」とのタイトルで、チェッカーズや亡き母へのフミヤの思いなどについて詳報している。
2021.04.14 16:00
NEWSポストセブン
親子共演もしたこの人は
寛一郎、宮沢氷魚、三浦祐太朗ら…今注目の二世タレントたち
 芸能界で「えっ、この人の息子も!?」という「二世タレント」のデビューや活躍が相次いでいる。親から受け継いだり自ら磨いているルックスやセンスで注目される二世たちを、あなたは全員知っている!?◆宮沢氷魚(26才)父親はこの人…宮沢和史(54才)小さな頃から芸能界に憧れ、俳優を志し、2015年のモデルデビューを経て2017年に『コウノドリ』(TBS系)で俳優デビュー。6月17日には自身のInstagramで父がボーカルを務めた「THE BOOM」の『ひゃくまんつぶの涙』を三線で披露し、父譲りの音楽センスを響かせた。◆寛一郎(23才)父親はこの人…佐藤浩市(59才)幼い頃から父の撮影現場を“遊び場”にしていたが、俳優デビューは20才になったとき。映画出演で各賞の新人男優賞に輝き、昨年は『グランメゾン東京』(TBS系)にも出演。映画『一度も撃ってません』(7月3日公開予定)では初の親子共演も果たしており見逃せない!◆三浦祐太朗(36才)両親はこの人…三浦友和(68才)三浦百恵さん2008年にロックバンドのボーカルとしてデビュー。当時は三浦の姓を隠して活動していたが、2017年に母・百恵さんの名曲をカバーしたアルバムを発表し、広く存在を知られることに。結婚に際して父も「きっと幸せな家庭を築いてくれると信じています」とコメントを発表するなど両親も盛大に祝福!◆藤井弘輝(28才)父親はこの人…藤井フミヤ(57才)大ヒットソング『TRUE LOVE』など数々の名曲を歌う藤井フミヤを父に持ち、2016年に“鳴り物入り”でフジテレビに入社した藤井は当時から注目の的。入社直後から『めざましテレビ』で活躍しているが、今年6月17日に社内恋愛を経ての結婚を発表! 結婚式では『TRUE LOVE』が流れる!?◆三浦りょう太(22才)両親はこの人…三浦りさ子(52才)三浦知良(53才)15才でブラジルにサッカー留学するなど、キングの称号を持つ父の背中を追うかと思われていたが、昨年『グランメゾン東京』(TBS系)で俳優デビューを飾り、今年6月に大手芸能事務所への所属を発表。父ではなく母が生きる世界で輝くゴールを決める予感。◆窪塚愛流(16才)父親はこの人…窪塚洋介(41才)2018年に映画『泣き虫しょったんの奇跡』でデビュー。父に似た端正な顔立ちで、今年2月にはモデルとしても活動スタート。父子それぞれのInstagramではツーショットなども投稿しており「イケメン親子!」とたびたび話題に。※女性セブン2020年7月9日号
2020.07.01 16:00
女性セブン
藤井フミヤ、“8人目のチェッカーズ”を脱退させた転売事件
藤井フミヤ、“8人目のチェッカーズ”を脱退させた転売事件
 1980年代中頃、有名人の写真を撮るために熱心に追いかけた彼らはいつしか「カメラ小僧」(カメコ)と呼ばれるようになった。まさに言い得て妙のネーミングだが、一体なぜそう呼ばれるようになったのか。カメコ歴40年のベテランが意外な真実を語る。「元々、カメラ小僧という言葉は単にカメラが趣味の若者が増えた際に作られた愛称です。我々は『追っかけ』とか、そんな風に呼ばれていた。でも藤井フミヤがテレビで『カメラ小僧』と呼んだことで、いつの間にかそれが普及したんです」 その背景には、あるカメコの存在があった。「チェッカーズが1983年にデビューした当時からずっと彼らを追いかけていたTという熱心なカメコ男性がいました。彼は人懐っこい人柄も幸いしてかメンバーにも気に入られて、移動中やプライベートショットを公認で撮らせてもらっていた。メンバーから“お前は8人目のチェッカーズだ”と言われるほどでしたが、Tはそんなメンバーを裏切ってしまった」 追っかけの資金作りのため、写真を他のファンに売ってしまったのだ。「ある時、空港の到着ロビーで出待ちをしていたTを見つけたフミヤが“写真、売っただろ!”と怒ったそうなんです。しかも翌日に出演した『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングで、タモリに『弟分みたいに可愛がっていたカメラ小僧に、変な写真を売られちゃったんです』と言ったんですよ。その時の言葉こそ、普及のきっかけだったのです」 そうして8人目のチェッカーズは“脱退”させられたという。◆取材・文/河合桃子※週刊ポスト2020年2月7日号
2020.02.01 07:00
週刊ポスト
フジのアナウンサー特番、高視聴率も番組構成に疑問の声
フジのアナウンサー特番、高視聴率も番組構成に疑問の声
 久しぶりにフジテレビに人気アナウンサーは現われるのか──。2月9日、21時からのフジテレビの土曜プレミアム枠で、『さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検』が放送され、視聴率11.8%を獲得した。テレビ局関係者が話す。「こういう番組を放送すると、『アナウンサーはタレントじゃない』という批判が必ず出てきますが、テレビに出ている以上、どうしてもタレント扱いされる部分はある。フジテレビが好調な時代、毎年のように人気アナが誕生していた。それは、このような番組で良さを引き出され、キャラクター付けされることも要因の1つとして間違いなくありました。新たな人気アナウンサーを輩出する意味でも、このような番組を放送する意義はあると思います。魅力を引き出す人材として、(明石家)さんまさんほど最適な司会者はいない」 土曜プレミアム枠は、毎週バラエティや映画など多岐に渡るジャンルを放送。『FNSアナウンサー』は今年6回目の中で、1月26日放送の『報道スクープSP 激動!世紀の大事件V』の12.2%に次ぐ2位の数字を獲った。1月5日、19日放送の木村拓哉主演映画『HERO』、12日放送の『人志松本のすべらない話』よりも高かった。 その一因として、19時から2時間にわたって『四大陸フィギュアスケート選手権2019 女子フリー』がオンエアされ、13.3%を獲得した影響も見逃せない。ただ、前出の関係者は番組構成に疑問を投げ掛ける。「CMを跨がずに直接、フィギュアスケートから『FNSアナウンサー全国一斉点検』に移った。番組はオープニングトークが終わると、中村光宏アナと生野陽子アナの夫婦を最初に取り上げた。しかも、フジテレビアナウンス室でイチャイチャしているシーンを中心に約20分も2人にクローズアップ。その次は新婚である山崎夕貴アナとおばたのお兄さんのVTRを約10分も流した。フィギュアの視聴者層は40代や50代の女性が多く、彼女たちがアナウンサーの新婚生活を見たいと思うのか疑問です。 また、番組の視聴者層として、女子アナ好きの男性が考えられます。しかし、彼らは女子アナの新婚生活なんて見たくないでしょう。前番組からの流れや主な視聴者を無視した構成で、一部の視聴者が離れたのではないか。今のフジで11.8%は高いが、構成次第でもう少し獲れたと思う」 どうすれば良かったのだろうか。「23時前後に、藤井フミヤの息子である藤井弘輝アナが父親の代表曲である『TRUE LOVE』、チェッカーズのデビュー曲『ギザギザハートの子守唄』をカラオケで歌う場面が流れた。その後、スタジオで藤井アナが『ギザギザハートの子守唄』を歌い、永島優美アナがダンスをする場面があった。番組宣伝CMでもこの部分が使われており、1つの山場だったことは間違いありません。 フィギュアを見ていた女性視聴者の中で、藤井フミヤの知名度は相当高いはず。女子アナ目当ての男性視聴者も、同時間帯1位の『めざましテレビ』のメインキャスターである永島優美アナには興味があるでしょう。この場面を最初に持って来ても良かったのではないか。 視聴率が下がっていくと、知名度の高い人をまず持ってくるという“置きにいく”姿勢になりがち。生野陽子アナや山崎夕貴アナは、かつて女子アナの人気ランキングで上位の常連だったので、目立つ時間帯で長く使いたくなる。しかし、新星を育てない限り、フジの未来はありません。23時くらいになると、視聴者もそろそろテレビから離れるので、そこでインパクトの強い藤井アナを持ってくる意図もわかりますけどね」(同前) 番組では、かつてのエース“カトパン”こと加藤綾子アナと同じ国立音楽大学出身の杉原千尋アナの天然ボケぶりも話題になるなど、若手もクローズアップされた。これを足掛かりに、人気アナウンサーが輩出されるか。
2019.02.13 07:00
NEWSポストセブン
フジ月9ドラマと主題歌の関係 初のオリコン1位獲得曲は
フジ月9ドラマと主題歌の関係 初のオリコン1位獲得曲は
 7月9日からフジテレビの月曜夜9時台で、ドラマ『絶対零度』がスタートする。2010年、2011年放映分に続くSeason3は『~未然犯罪潜入捜査~』の副題が付けられ、沢村一樹が主演を務める。主題歌は家入レオの『もし君を許せたら』となった。 フジの“月9”といえば、過去に小田和正『ラブ・ストーリーは突然に』、CHAGE&ASKA『SAY YES』、米米CLUB『君がいるだけで』、藤井フミヤ『TRUE LOVE』、Mr.Children『名もなき詩』、安室奈美恵『CAN YOU CELEBRATE?』など主題歌が大ヒットした枠でもある。 著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の中で、初期の“月9”や当時のドラマ界を取り巻く状況を詳細なデータとともに分析した岡野誠氏が語る。「意外にも、当初は“月9”主題歌のオリコン順位は決して高くありませんでした。1年目(1987年)の5作のうち、トップテン入りはBaBe『I Don’t Know!』、田原俊彦『どうする?』の2曲だけ。他3作の主題歌は売り上げ1万枚前後と苦戦していました。 2年目の1988年、『君の瞳をタイホする!』の主題歌である久保田利伸『You were mine』が売り上げ34万枚を超える大ヒットに。続く、『教師びんびん物語』の主題歌である田原俊彦『抱きしめてTONIGHT』も27.9万枚を記録。同曲は、当時の人気歌番組『ザ・ベストテン』、『歌のトップテン』で年間1位に輝きました」(以下「」内、岡野氏) 萩本欽一の『欽ドン!』シリーズの終了に伴い、急遽制作に取り掛かったという“月9”1作目の『アナウンサーぷっつん物語』は、生放送の回もあったほど。のちに高視聴率ドラマを連発する同枠は、ドタバタの中で始まっていた。「初期の頃は、ドラマはドラマ、曲は曲と別個のものとして考えられていたようです。そのためか、2つにあまり連動性を感じられなかった。その中で、久保田利伸『You were mine』や田原俊彦『抱きしめてTONIGHT』は、ドラマと曲が結びついたと思える作品でした」 田原自身が当時、ヒットをこう分析している。 〈「いやぁ、徳川龍之介のヒット曲だよ、これは。ドラマとの相乗効果で売れたんだから。でも、曲はいいよね。まあ、ずっと踊ってなかったから、そういう意味でのインパクトがあったのかもしれない。前より雰囲気も大人になってるしな。大人っぽい雰囲気とプロフェッショナルな踊りっていう、そのバランスがうまくいって“カッコいいな”ってことになったんじゃない!?」〉(『週刊明星』1988年9月8日号) 翌1989年『教師びんびん物語II』で、田原は3年連続で“月9”の主演と主題歌を兼ねることになる。「ドラマのオープニングで主題歌『ごめんよ涙』(作詞・松井五郎、作曲・都志見隆)が流れると、夕陽に田原のシルエットが浮かび上がる。その映像が歌詞とも合致。田原演じる熱血漢の徳川龍之介というキャラクターにも、見事にハマった歌でした」 実は、“月9”主題歌で初のオリコン1位獲得曲は『ごめんよ涙』なのだ。「『教師びんびん物語』はドラマと主題歌を連動させる先駆けの作品であり、のちの制作にも影響を与えたのではないかと思います。以降の10年間、同枠の主題歌はほとんどがトップテン入りを果たし、『ラブ・ストーリーは突然に』や『SAY YES』など大ヒット曲が次から次へと生まれました。『ごめんよ涙』以前のトップテン入りは10曲中BaBe、久保田、田原2曲の計4曲だけでした」 のちに続く”月9”主題歌が大ヒットするという方程式は、田原俊彦の『ごめんよ涙』から始まったようだ。
2018.07.09 07:00
NEWSポストセブン
フジテレビ 起死回生のカギは男子アナウンサーズにあり?
フジテレビ 起死回生のカギは男子アナウンサーズにあり?
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、フジテレビの男子アナに注目。 * * * 久しぶりにフジテレビらしい、お腹の底から笑える番組を見た気がする。6月23日オンエアの『さんまのお笑い向上委員会』だ。 レギュラーであるネプチューンの“ホリケン”こと堀内健の発案で3週にわたってオンエアされることとなったのは、同局の山崎夕貴アナと、同番組の“モニター横芸人”でもおなじみだった、おばたのお兄さんの結婚式企画。 山崎アナといえば、直近の「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)において、フリーを除いてフジテレビトップの「第9位」。一方、おばたのお兄さんは、『日経エンタテインメント!』調べの「この一年で消えると思う芸能人」の「第9位」という“奇跡”が既に起きている。 女子アナといえば、メジャーリーガーやヒット曲を出しまくる人気ミュージシャン、冠番組を複数もつような人気お笑い芸人と結婚するのが当たり前と指摘する同番組。なのに、「史上初の格差婚」となった山崎&おばたが「大丈夫?」ということに加え、交際発覚直後に浮気が発覚したおばたを本当に信じていいのか?というのが第一週の内容だった。 上手(かみて)には件のホリケンや今田耕司、中川家ら、レギュラー陣がタキシードなどの正装で並び、下手(しもて)のゲスト席には、山崎アナの先輩や後輩のアナウンサーが勢揃いした。 まず女子アナは、松村未央、永島優美、久慈暁子、新美有加アナ。男子アナは三宅正治、笠井信輔、伊藤利尋、立木信吾、倉田大誠、佐野瑞樹、木下康太郎、渡辺和洋アナ(順不同)と、華やかな面々が揃った。現在、“報道”を担当している倉田アナや松村アナをこの場に呼んでしまうのがフジテレビたる所以である(苦笑)。 さらに、明石家さんまが残念そうな顔をしながら放った「生田アナ、休みやねん」の一言に、イヤイヤイヤ…というように顔の前で手のひらを横に振り、「生田を出すのは無理」という顔をする伊藤アナら。それでも「君らより、生田くんに会いたかったんや」と続けるさんまに、フジテレビ男子アナウンサーズはまた同じリアクションをとるのである。 収録は、生田アナよりもさらに“離婚ホヤホヤ”の谷岡慎一アナのニュースには間に合わなかったと思われる。 が、その谷岡アナも同局の夏のイベントの記者発表会見で、「カメラが怖い」と自虐コメントをして、キッチリ笑いをとったことがネットニュースになっていた。プライベートでタイヘンなことが続いてしまっているが、フジテレビ男子アナ、なんだか逞しい。 また、同番組アシスタントの久代萌美アナが先輩勢に成長をアピールするという場面でも、明石家さんまに促され、全く顔色を変えず「淫郎新婦の入場です」アナウンスしたときも、男子アナの大半は立ち上がり、ひな壇からズッコケる…という芸人並みのリアクションをした。フジテレビのアナウンサーは、これでなくちゃ…と思ったのは私だけだろうか。 そして、この日、大活躍をしたのは「カズ」こと渡辺和洋アナだった。山崎アナ&おばたの“証人”として婚姻届にサインした陣内智則の嫁、松村未央アナによる「芸人の浮気は、1、2回はしょうがない」という“クレーム”がスタジオモニターに出たときだ。 突然、「ハイ」と手を挙げて立ち上がる渡辺アナ。「お前が話すときやないやないか」とさんまに制止されるも、自分の体験を話し始めるカズ。 言われてみれば10年前、カズは自身の浮気を週刊誌に大々的に報じられた経験をもつ。いわゆる“文春砲”のはしりだったかもしれない。同番組のナレーションの文言をそのままいただけば「かつて、とある過ちを犯し」「地獄を見た」のである。「10年も前やろ」「あのとき(の報道)は痛かったな」とカズを思いやるさんまのコメントを遮るかのように、以来、GPSで自分の居場所を妻に伝えていることや、「人間は、変われます」と訴え続けるカズ。「一度ついたシミは二度と消せないと思います」とも言い、白いシャツがいまは「オフホワイト」になっていると…。もちろん、上手に座る雨上がり決死隊の宮迫博之を巻き込む“フリ”である。 表情を変えず、「白になれ~、白になれ~」と唱えながらシャツを洗濯する様を表現したり、これまで以上に声を張り、「洗わなかったら、人間、終わりです」と、選挙演説のように訴えるカズ。途中、伊藤アナから「がんばれ! カズ!」と激励が飛んだり、佐野アナが「みんな、もう忘れてるから」と小声で励ます場面もあった。思えば佐野アナもバラエティー番組内で海外での“お遊び”をカミングアウトして批判を浴びたり、数年前にはバツ2になったことをKis-My-Ft2の前で発表したり…と、“いろいろ”乗り越えてきている。 カズの下りは、もちろん打ち合わせ通りだったと思われるが、アナウンサーらしく、完璧な間と緩急で自身のこの10年の想いを切々と語ったのは、見事だったというしかない。 番組後半ではさらに驚くことがあった。三宅アナの息子が、「よしもとクリエイティブエージェンシー」のマネジャーになっていて、スタジオに立ち会っているところが宮迫から暴露され、その姿がカメラに抜かれたのである。 三宅アナは『ジャンクSPORTS』でダウンタウンの浜田雅功と長年共演していた“縁”があったからだろうか。テレビ局員の子息が業界人になるのは既成事実のようなものだが、マネジャーになるというのは珍しい。 そんな縁で、エンディングコーナー「閉店ガラガラ」(この日は、結婚式企画ということで「開店ガラガラ」だった)では、その三宅アナがホリケンと共にオンエアをゲット。息子を人質(?)にとられているからこその大サービスだった。 この日、出ていた男子アナでは、倉田アナがかつてドリカムのコンサートでバックダンサーを見事に務めたり、伊藤アナはその昔『めざましテレビ』で「アミーゴ伊藤」としてコスプレをして毎朝サンバを踊っていた。 笠井アナもサービス精神の塊というべきタイプで、実は軽部真一アナよりもエンタメに精通。比較すると、やや高尚な演目やアーティストに強いという気がする。 この日の出演は叶わなかったが『バイキング』で連日、坂上忍にツッコまれているのは榎並大二郎アナ。「ライオンちゃん」コーナーに加わった田淵裕章アナは、あの田淵幸一氏の息子だが、「母はジャネット八田です」と自ら、かぶせてくることでも知られる。 新人では、藤井フミヤの息子、藤井弘輝アナがいることも既に有名だが、まだ、うまく使い切れていないように感じる。 恐らく、視聴率が低迷していることで、アナウンサーに“笑い”を追求させたり、バラエティーのノリに乗っかりづらいムードが社内に蔓延しているのだろう。これでは他局と同じになってしまうし、とても、もったいないと思う。 フジテレビはフジテレビらしく、とことん明るく、楽しく、やればいいのではないか。何やら最近、女子アナもみんなおとなしいのだけれど、男子アナは、バラエティーで弾けたくて弾けたくてしかたがない…というタイプの人がたくさんいるような気がする。 これはフジテレビに限らないが、アナウンサーを目指す人は、漏れなく“出好き”である。 今年4月1日に終了した『新報道2001』で、メインキャスター、須田哲夫アナのこれまでをまとめた、けっこう長尺なVTRを見たのだが、須田アナが子役出身で、テレビ草創期、黒柳徹子さんと共演経験もあると知り、驚くと同時に納得した思い出がある。 須田アナの“自分大好き”なリポートや、『3時のあなた』で大女優の邪魔をしないものの、どこか同業者っぽく振る舞っていたのは、そういうことだったのかと…。 在京各局とも、安住紳一郎、羽鳥慎一に続くスター男子アナを発掘し、育て、数字に繋げることを急務としているだろうが、フジテレビの場合は、“団体戦”で勝負してはどうだろう。 その意味で、谷岡アナが自虐発言をした『ようこそ!!ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018』は、フジテレビの男子アナを一気に売り出す絶好のチャンスかもしれない。イメージは“ちょっと軟弱な「野猿」”だろうか。 バラエティーに強い男子アナが多数揃っているフジテレビ。明るく楽しい彼らを複数で起用したり、大御所芸人と組ませたりすることに同局の好機が潜んでいる気がする。
2018.06.27 07:00
NEWSポストセブン
クレジット/雑誌協会代表取材
眞子さま婚約報道で同世代ソワソワ あやかり婚も増える?
「25才ってちゃんと結婚してもいいんですね、憧れます」(24才女性)「芸能人の結婚ニュースで“キレイだなぁ”と思うのとはニュアンスが少し違います。今回はもっと真剣に、結婚について考えていきたい気持ちに(笑い)」(28才女性)「おふたりの同級生婚というのがポイント。社会人で一人前になる前に結婚を決めてもいいんだ、って」(27才女性) おふたりとは、秋篠宮家の長女・眞子さまと“海の王子”小室圭さん。「眞子さま、婚約へ」というニュースが全国を駆け巡った翌日の5月17日、『ワタベウエディング』や『帝国ホテル』といった“結婚銘柄”の株価が上昇。また、ICU近くの公園はなぜかカップルが増えているそう。 この明るい知らせが、年々生涯未婚率が高まり、2035年には男性は3人に1人、女性は5人に1人生涯未婚となるともいわれている日本の若者を変える──!? これまでも、皇族の結婚は世の中に大きな影響を与えてきた。大フィーバーを巻き起こしたのは美智子さま。ご結婚された1959年には81万組がゴールイン。中でも美智子さまと同じ4月10日の“あやかり婚”を選んだカップルは2万組にものぼった。「私の両親はたまに冗談で、『美智子さまが結婚されてなかったらしていなかった』と笑ってますよ。ご成婚パレードを見たいからとお金のない新婚家庭なのに無理をしてテレビを買ったそうです」(56才女性) 世間も祝賀ムード。同日に結婚したカップルには“三種の神器”の1つだった電気洗濯機をプレゼントする企画が催されるなど、日本中が祝賀ムードにわいた。 1990年の紀子さまのご結婚に際しては、お住まいが3LDKであることやプロポーズは信号待ちの間に行われたことなど、庶民的で親しみやすいプリンセスに憧れ、やはり同じ日の結婚を望むカップルが続出。意外にも藤井フミヤ(54才)がそうだった。同じ6月29日に「皇族のかたが選んだのだから、悪い日のはずがない」と地元の福岡・久留米で挙式した。 その影響は日取りだけではない。十二単におすべらかしの平安朝の衣装を選ぶ新婦が増え、ご結婚当日にローブデコルテとティアラで正装した紀子さまが秋篠宮さまの髪を直されるシーンの写真が公開されると、結婚式でそれを真似るカップルも出てきた。 その3年後に雅子さまがご結婚。皇太子さまの「一生、全力でお守りします」というプロポーズの言葉が流行し、雅子さまが通勤に使われていた愛車・カローラIIが爆発的に売れた。「私は雅子さまと同じ年に結婚しました。もちろん、何のかかわりもない庶民カップルだったけれど、なんだか幸先良さそうだな、って嬉しかった思い出があります。ただ、“あやかり婚”ブームは紀子さまの時の方が盛り上がっていたかな。雅子さまのときは、バリバリのキャリアウーマンとしての経歴と、それをすべて手放して皇室に嫁がれることのほうが話題になっていた印象です」(55才女性) 近年では、2005年11月に紀宮さま(黒田清子さん)がアニメ映画『ルパン三世 カリオストロの城』のヒロイン・クラリスが着ていたのとそっくりなドレスを身にまとって東京都職員の黒田慶樹さんと結婚。同月に婚姻届を提出したカップル数は前年に比べ、5000組増えた。さらに2014年に高円宮家の典子さまが出雲大社の宮司と結婚した際はその出雲大社に縁結びを願う婚活女子が殺到した。「眞子さまと小室さんの共通の趣味がスキーだから、私も社会人のスキーサークルに入ってみようかなんて考えてます」(26才女性)「結婚ははずみ」という言葉はあるが、皇族のご結婚こそ、このうえない「きっかけ」なのかもしれない。撮影/雑誌協会代表取材※女性セブン2017年6月22日号
2017.06.10 16:00
女性セブン
直虎コンサート 高橋一生&藤井フミヤのデュエット一発勝負
直虎コンサート 高橋一生&藤井フミヤのデュエット一発勝負
 5月28日、NHKの大河ドラマ『おんな城主 直虎』の舞台である静岡県・浜松市で行われた『直虎コンサート』に、ドラマ出演者の小野政次役・高橋一生(36才)、おとわ役・新井美羽(10才)、佐名役・花總まり(44才)が参加した。 大の“直虎ファン”という藤井フミヤ(54才)もゲストで参加。高橋が「昔から大好きな曲」という藤井の『Little  Sky』を2人で歌い上げると、客席はうっとり。2人は熱い握手も交わした。「客席の最前列に座って見たかったくらい、ワクワクした」と興奮冷めやらぬ様子の高橋一生。「歌うのは久しぶりなんですが、“歌いたがり”なんです(笑い)。フミヤさんといっしょに歌いませんかと打診されて、すごく好きな曲だったので即答しました」(高橋) 実は事前にフミヤとの練習はなかったという。「フミヤさんがうまくリードしてくださったので、のびのびと歌えました。素人目には問題なかったかな…と(笑い)」 (高橋) コンサートの中でフミヤが『夜明けのブレス』などを歌っている時に、高橋が舞台袖で熱心に聴いている姿が取材席から見えた。「政次はこの歌詞と同じような気持ちだったのでは…と考えてしまって。これから政次を演じるうえで、生かしたいなと思っています」(高橋) 挿入歌『竜宮小僧のうた』を歌っていたのはおとわ役の新井美羽ちゃん。実は竜宮小僧役でもドラマに出演していた。切ないハミングが印象的で、「永久保存版!」と高橋も絶賛。「『竜宮小僧のうた』は鼻歌なので難しくて、お家でもいっぱい練習しました! オーケストラに合わせて歌うのは初めてで緊張したけど、お客さんが笑顔で心強かったです」(美羽ちゃん) 実は人前で歌うのも初めて。緊張はしなかった?「前にドラマで共演した遠藤憲一さんに、手のひらに“人”って3回書くといいって教えてもらって。だから手に“遠藤憲一さん”って書いてのみました(笑い)」(美羽ちゃん)撮影/三宅祐介※女性セブン2017年6月15日号
2017.06.04 07:00
女性セブン
フジTV社内報 新人アナのプライベート情報に若手社員興奮
フジTV社内報 新人アナのプライベート情報に若手社員興奮
 新入社員紹介が載った社内報といえば、どの会社でもちょっとした話題になるものだが、ことフジテレビともなると注目度が別格。なにしろ4月に退社した加藤綾子アナ(31)に代わるポスト・カトパン候補である新人女子アナたちのプライベート情報がいち早く掲載されているのだ。 鈴木唯アナ(22)は、「野球を見に行くときは全身応援グッズに身を包まないと気が済みません」とのコメント付きで写真を披露。スポーツ担当希望をアピールした(?)はいいものの、なぜか被っているのはフジが株主のヤクルトではなく、巨人の帽子だった。 報道志望の永尾亜子アナ(22)は、恋人にしたいタレントにオードリーの春日俊彰を挙げ、好きな番組に『人生のパイセンTV』を選んだ理由も、「春日さんがおもしろい」と異常な春日推し。もしかして本当はバラエティ志望? 注目は、大学時代はファッション誌『non-no』の読者モデルを務め、ポスト・カトパン最有力と囁かれる堤礼実アナ(22)。恋人にしたいタレントに昨年末に結婚したばかりの人気ミュージカル俳優・山崎育三郎(妻は元モーニング娘。の安倍なつみ)を挙げ、「もしや不倫願望アリ?」と既婚男性社員をざわつかせて早くも大物の風格を見せた。 しかも、自分のチャームポイントに「くるぶしです。とくに理由はありませんが気に入っています」と書いたものだから、若手社員も「見てみたい」と興奮しまくりなのだ。 業界内で「初鳴き」と呼ばれる彼女たちのアナウンサーデビューは例年7月に放送される『27時間テレビ』の見込み。 それにしてもフジの社内報、入社式の集合写真に、一般の父兄に混じって新人の藤井弘輝アナ(24)の父親で歌手の藤井フミヤが映り込んでいるのだから、視聴率は不調でも華やかさだけは昔のままだ。※週刊ポスト2016年6月3日号
2016.05.26 07:00
週刊ポスト
フジ入社の藤井フミヤ長男「ドラムやり過ぎて留年」の武勇伝
フジ入社の藤井フミヤ長男「ドラムやり過ぎて留年」の武勇伝
 4月1日にフジテレビの入社式に歌手の藤井フミヤ(53)が姿を見せた。大物ゲストを招くとはさすがフジの入社式──と思いきや、彼の出席は“新入社員の親として”だった。フジテレビ関係者がいう。「フミヤさんの長男の弘輝くん(24)がアナウンサーとして入社したんです。フミヤさんは子煩悩で知られるだけに、入社式では感慨深そうでした。フミヤさんは1993年に『あすなろ白書』の主題歌(『TRUE LOVE』)を歌っていた縁で、同ドラマのプロデューサーだった亀山(千広)社長と親しいことで知られています。社内の一部では“コネ入社じゃないの?”と揶揄する声もある」 藤井弘輝アナは、高校時代を慶応義塾ニューヨーク学院で過ごした後、慶大文学部に入学。今年3月に卒業した。高校・大学を通じて友人だった男性が語る。「弘輝が落ち込んでいたとき、『ギザギザハートじゃん』といじられたことがあった(笑い)。そのときも笑っていたし、やんちゃで気の良い“愛されキャラ”でした。見た目はお父さんを背を高くして色黒にした感じの爽やかイケメンです」 そんな弘輝アナも父に影響を受けたのか、学生時代はバンド活動にのめり込んでいたという。とはいえ、父と同じボーカルではなくドラマーだった。「高校の時から、ずっとドラムをやっていました。それほど上手いワケじゃないんですが(笑い)、ドラムにのめり込みすぎて、高校時代に『留年』してしまったことがあるんです」 と華やかな経歴に隠れた意外な“つまずき”を明かす。「大学には1年遅れでなんとか進学しましたが、大学時代も友人にノートを借り、単位ギリギリで卒業した。常に最新のニュースを理解して伝えるアナウンサーが務まるのかちょっと心配です(笑い)」(同前) いつか彼が司会のフジの音楽番組で息子のドラムをバックに歌うフミヤの姿にも期待したい。曲はもちろん「子守唄」で。※週刊ポスト2016年4月22日号
2016.04.11 16:00
週刊ポスト
藤井フミヤが息子のフジテレビ入社式へ 親出席の式増える
藤井フミヤが息子のフジテレビ入社式へ 親出席の式増える
 4月1日、各社が一斉に入社式を行ったが、豪華ゲストの登場で毎年話題になるのがテレビ局。特にフジテレビでは、音楽番組『Love music』の収録を兼ねて、AKB48やゆずのほか、谷村新司、さだまさしという大御所も駆けつけた。 ただし、フジで注目を集めたのはゲストだけではない。新入社員27人のうち新人アナウンサーは5人。そのなかに藤井フミヤ(53才)の長男、藤井弘輝アナ(24才)の姿もあったからだ。弘輝アナは濃紺のスーツに青と白の斜めのストライプのネクタイ姿で出席。「背がスラリとした長身で、顔はフミヤさんの若い頃を彷彿とさせるイケメン。“デビュー”は往年のフミヤファンも待ち遠しいはずです」(フジテレビ関係者) 入社式ではその愛息の晴れ姿をフミヤ夫妻も見守った。なかには「入社式に親が?」と驚く人もいるかもしれないが、最近は入社式に父母同伴で出席するケースが増えているという。「企業側としては親に自社をアピールし、自社の商品に愛着を持ってもらったりするほか、会社をすぐに辞めさせないようにしたりする狙いもあります」(企業人事担当者) 入社式のみならず、今では就職ガイダンスの時から父母が同伴するのも当たり前。就職は“家族の問題”という意識が高まっているようで、リクルートキャリアの『就職白書』によれば、「就職活動の相談相手」として「家族」を選ぶ大学・大学院卒業予定者の割合は、2012年の45.1%から、2015年には53.9%に急増している。 紳士服チェーンのはるやま商事では、一昨年の入社式から父母への案内を始めた。「ご家族のかたからの要望で始めたところ、ご両親だけでなく祖父母が参加されるケースもあります。入社式の後には、懇親会にご家族のかたにもご参加いただいて、先輩社員と気軽にお話しできる機会を設けています。親子揃って会社への認識を深めていただくいいチャンスだと思っています」(広報部) 昨年から家族参加OKの入社式を始めたサッポロビールでは、家族1人分の交通費の一部を会社が負担。会社を見学した後にビアレストランで懇談会を開き、家族同士が懇親を深めたようだ。※女性セブン2016年4月21日号
2016.04.06 16:00
女性セブン
テレビ局に多い「コネ入社」 批判されながらも採用続ける理由
テレビ局に多い「コネ入社」 批判されながらも採用続ける理由
 テレビ局社員にはなぜか、タレントや政治家、財界人などの子供や親戚が多い。最近では2014年に、安倍晋三首相(60)の甥がフジテレビに入社していることが話題になった。また、歌手の藤井フミヤ(52)の長男が、来年4月入社のフジテレビのアナウンサー職に内定したと報じられ、就活生らの間で「コネではないか」との声が出ている。 なぜ、テレビ局は「コネ入社」が多いと言われるのか。元テレビプロデューサーの碓井広義さん(上智大学文学部新聞学科教授)はこう解説する。「何かと注目されるテレビ局は内部情報が表に出やすいので、他業種より目立つという事情もあると思います。例えば、有名人の子供がメガバンクや大手商社など、テレビ局以外の人気就職先にコネで入っているケースだってあるかもしれません。 実際、広告代理店なんかには、有名人の二世がたくさんいます。でも彼らがそこで働いているということは、ほとんど表には出てきません。だから他の業界との比較はできませんが、それでも多くの人が”テレビ局にはコネ社員が多い”という印象を持っているのは確かだと思いますですよね」 もちろん、各テレビ局や本人たちがコネ入社を認めることはない。どの局も「公平・公正に入社試験を行った結果」と説明するのが普通だ。しかし2013年、当時日本テレビの社員だったみのもんた(71)の次男が窃盗容疑で逮捕されて諭旨解雇された際に、みのはインタビューや手記などでコネ入社があったと発言した(当時、みのが語ったコネ入社ついて日本テレビの社長が否定)。この時、「やっぱりコネ入社はあるのか」と思った人は少なくないだろう。 特に有名人の子息、親戚が多いのがフジテレビだ。安倍首相の甥だけではない。高橋英樹(71)の娘・高橋真麻(33歳、2013年退社・フリー)、生田斗真(30)の弟・生田竜聖(28)、アナウンサー以外では、陣内孝則(52)の息子もいる。有名人の関係者が毎年のように入社しているのだ。フジテレビに有名人の血縁関係者が多いのはなぜか。「フジテレビの場合は専務取締役の遠藤龍之介さんも、小説家の遠藤周作の長男ということで、昔から有名人の子息を採用することへの抵抗が少ない会社なのかもしれません。民間企業であるテレビ局が誰を採用しようが自由なのですが、マスコミはジャーナリズムという使命も背負っています。世間一般ではコネ入社が”ズル”と考えられているわけで、”世の不正を正すべき報道機関がズルをしていいの?”というふうに見る人は多いでしょうね」(碓井さん)  例年、テレビ局の採用枠は、民放のキー局でも10~20人程度だ。採用枠が狭いうえに人気業種のため、倍率は数百倍にもなる。有名人の関係者に内定が出たことが知れわたれば、数万人の就活生からブーイングを受けることはわかりきっている。それでも有名人の関係者を採用し続けるメリットはどこにあるのか。「例えば藤井フミヤさんの息子さんが実際に入社したとします。それで藤井フミヤさんに番組作りのサポートをしてもらうとか、そういったメリットを考えているわけではないと思います。それよりも、”音楽業界を大事にしているフジテレビ”ということを対外的に見せて、音楽業界との親和性を高めたいという思惑のほうが強いでしょう」(碓井さん) 政治家の血縁関係者がいることのメリットはどうだろうか。フジテレビには前述の安部首相の甥がいるが、小渕恵三元首相の娘・小渕優子衆院議員(41)がTBS、石原慎太郎元東京都知事(82)の息子・石原伸晃衆院議員(58)が日本テレビの元社員だったように、政治家とテレビ局は採用において昔から蜜月関係にある。「政治家の子供を採用しておいて、恩を売っておくのも悪くない、という考えもあるかもしれません。彼らはいずれ、局を辞めて政治家になる可能性もありますので。政治家の子供だからといって永田町の情報をダイレクトに入手できるわけではありませんが、普通の記者なら門前払いの取材先も、『〇〇の娘です』なんていえば、簡単に取材オーケーとなることもあります。そのように親の看板を使って、バラエティー番組やグルメ番組などの取材でも、普通なら撮れない映像を撮ってくるということは考えられます」(碓井さん) 確かに、そう考えれば実務上のメリットは計り知れない。コネも何もない“使えない社員”よりは局にとっての利点は大きいだろう。しかし一方で、政治家の血縁関係者を採用することが、報道機関として自己矛盾を抱えることにもつながると碓井さんは指摘する。「マスコミには権力を監視するという重要な役割があります。”政治家の身内が内部にいて、まともに政権批判ができるのか”といったことは言われるでしょう」  制作力に影響がないとも言えない。視聴率低迷にあえぐフジテレビに対して、「コネ入社が多いせいで、クリエイティブ力が下がっているのではないか」と指摘する声は少なくない。「有名人の子供だからといって優遇されるのは入社時だけです。入った後は実力勝負の世界ですから、コネ入社と制作力の直接の因果関係があるとは言い切れません。ただ、少ない採用枠への“落下傘入社”が長年にわたって続けば、もしかしたら本当は実力でその席に座るべき人が現場にいないということも考えられます。フジでいえば、月9ドラマの危機を救うような人が入社試験で落とされていた、なんてことがあったかもしれませんね」(碓井さん) コネ入社が良いか悪いか、簡単には決めつけられない。高橋真麻のように入社以来、「コネに違いない」と言われながら、人気、実力ともに備えたアナウンサーは少なくない。ただそれは、「テレビ局側の価値観、倫理観も問われる」(碓井さん)ことであり、単純な損得勘定で済ませられるものではないことだけは確かだろう。
2015.09.08 07:00
NEWSポストセブン
篠原涼子 頼まれたらパンツあげちゃうかも発言が話題に
篠原涼子 頼まれたらパンツあげちゃうかも発言が話題に
 この夏も話題盛りだくさんの芸能界。夏の終わりを飾る芸能情報の“ウラ話”3本をお届け! 1本目は、この夏最大のビッグニュース、女優・堀北真希(26)と俳優・山本耕史(38)の結婚。6年もの間、山本から猛アプローチされ続けていた堀北。陥落したのは、今年5月の舞台での共演だった。裕福な家の娘と、その家にもらわれた孤児の激しい愛を描いた『嵐が丘』。この恋人同士を演じたのが堀北と山本だった。 舞台『嵐が丘』での共演後に実生活で恋に落ちたのは、実はこのふたりが初めてではない。 いまから4年前の夏。都内のラグジュアリーホテルの45階のレストランで10分で5回のチューをするほどアツアツだったのが安倍なつみ(34)と山崎育三郎(29)もそうだった。いまも交際順調で結婚間近との報道もある。 衝撃発言で世の男たちを驚かせたのは篠原涼子(42)だ。 8月24日放送の『ヨルタモリ』(フジテレビ系)に出演した篠原。タモリ(70)扮する「近藤さん」が「パンツ集める名人がいて。洗濯物を盗むんじゃなくて、自分が気に入った女性に頭を下げてパンツをもらうっていうので相当集めた人がいる」と話をふった。お願いされた女性は「あーもうしょうがない! そこまで言うなら」という心境になるそうだが、それを聞いた女性ふたりはどうするか? 宮沢りえ(42)は「じゃあ、交換しますか?」と切り出すという。篠原は「なんかすごくかわいそうに言ってくれたら、あげちゃうかもしれない」とポツリ。「気合い入れて“パンツください!”って言われたら、“あげない!”ってなるけど」と笑って話した。 最後に、『女性セブン』8月27日発売号がキャッチした鈴木奈々夫妻のディナー現場。2人はほとんど会話がなかったそうで、居合わせた客から「このふたり、ほんとに大丈夫?」と心配の声が上がるほどだったとか。 実はこのお店、東京・麻布十番にある焼き肉店で、他の芸能人も御用達。いままで多くの芸能人が目撃されてきた。 たとえば、ミュージシャンの藤井フミヤ(53)、TOKIOの長瀬智也(36)、モデル・タレントの紗栄子(28)、経営者の堀江貴文(42)、そして女性ミュージシャンの安室奈美恵(37)――。よっぽど居心地のいいお店なのだろう。
2015.08.29 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン