ライフ

葬儀社選びで「病院にお任せします」はNGワード

 喪主はかつて長男が務めるものだったが、戦後、家制度がなくなり、故人のいちばん身近な人が務めるものに変わっている。配偶者、親…大切な人の死には、誰しも気が動転するだろう。しかし、悲しみに浸っている暇は喪主にはない。喪主はとにかく忙しいのだ。

 まず病院で亡くなると、数時間以内に遺体を外に運ばなくてはいけない。エンディングデザインコンサルタントの柴田典子さんはこう話す。

「葬儀社の大切な役割の1つが遺体を安置するということです。葬儀社を決めていないと、病院に紹介される会社に決めて、そのまま葬儀までお願いしてしまうケースが多いです」(柴田さん)

 ポータルサイト運営会社『鎌倉新書』の調査(※)によれば、葬儀社の決定は、死亡から4時間未満に行う人が約半数。この短い時間で大切な人を見送るパートナーを決めなければいけない。

※(株)鎌倉新書「いい葬儀/第2回お葬式に関する全国調査」(2015年)より。2015年12月に2年半以内に葬儀を行った経験のある全国の40才以上の男女にインターネットで調査したもの。有効回答数は1851件。

「できれば、生前に決めておきたい。元気なうちに葬儀社を見学しましょう。その際、事務所が整理整頓されていないところはおすすめできません。そういう葬儀社は、施設全体だけでなく遺体安置所の清掃も行き届いていない可能性があります」(柴田さん)

 そして、何より心配なのが葬儀費用だろう。前出の調査によると、全国の平均的な費用は、約119万円。それこそ上は数百万円から下は数十万円までピンキリ。請求書を見て仰天という事態も珍しくないのだ。

 まずは複数の葬儀社に見積もりを出してもらおう。

「その際のNGワードは『お任せします』です。どんな葬儀をしたくて予算はいくらなのか決めておく。葬儀社の言いなりには決してならない。あとで揉める原因になります。また、見積もりの中には、最低限の金額だけが含まれていて、後から別精算を求められることもあります。どんな料金が含まれているか詳細を確かめてください。特にお花代は含まれていないことが多いので要注意です」(葬想空間スペースアデュー代表取締役・白井勇二さん)

 見積もりの際は、必ず「別精算なしにすべて含めた費用を出してください」とはっきりお願いしよう。

「もし生前に決まっていなかったら、遺体搬送までは病院に紹介された業者にお願いして、葬儀は別の葬儀社を探しましょう。複数の業者に見積もりを出してもらう時間はありますから」(柴田さん)

※女性セブン2016年4月28日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト