• TOP
  • ビジネス
  • 鈴木敏文会長独占告白「7-11を創業したのは私だ」

ビジネス

2016.04.18 07:00  週刊ポスト

鈴木敏文会長独占告白「7-11を創業したのは私だ」

記者会見で会長退任を発表した鈴木敏文氏

「私は今回、身を引くことを決意した」──緊急記者会見で鈴木敏文・セブン&アイ・ホールディングス会長が退任を発表したのは4月7日のこと。

 その理由は、鈴木氏が提案した子会社のセブン-イレブン・ジャパンの井阪隆一社長を退任させる人事案が取締役会で否決されたことと説明したが、限られた会見時間の中での説明には数々の疑問が残った。

 なぜ、業績好調にもかかわらず井阪社長を退任させようとしたのか。蜜月といわれた創業家、伊藤雅俊・名誉会長はなぜ退任案に反対したのか。そして、噂された次男、鈴木康弘・取締役の世襲に向けた動きは本当にあったのか──そうした謎を残したまま会見を終えた鈴木氏は、それ以降、公の場に姿を見せていない。

 結局セブン&アイ・ホールディングスの社長には井阪氏が就任し、セブン-イレブン・ジャパンの社長には同社の古屋一樹副社長が就任する見込みとなった。

 会見から5日後の4月12日の正午過ぎ、黒のセンチュリーが鈴木邸に横付けされた。大柄な運転手の後ろには、鈴木氏と夫人が乗っていた。

 記者が「週刊ポストですが」と近づくと、怒気を含んだ声で、「おたくの雑誌、ウソばっかり書くから」と吐き捨てて、鈴木氏は荷物を持って家の中に入ってしまった。運転手に話を聞くと、「あまりしつこくしないほうがいいですよ」という。

「まあ、創業家は伊藤家だってことです。そこをマスコミは勘違いされているのかもしれない。私から言えるのはそれだけです」

 そう言って車は去っていった。直撃取材は失敗か──そう思って自宅を振り返ると、驚くことに屋内に消えたはずの鈴木氏が門の前に立っている。

「アレは別の週刊誌だったかね」

 どうやら鈴木氏を取材することなく批判的な記事を書いた週刊誌と混同していたようだ。そう言うと、鈴木氏は自ら語り出した。

関連記事

トピックス