芸能

共演者が戦々恐々? 設楽統『ノンストップ!』での豪腕

『ノンストップ!』では言いたい放題キャラも封印?

“事件”が起きたのは、3月末のことだった。バナナマンの設楽統(43才)がレギュラーMCを務める『ノンストップ!』(フジテレビ系)のプロデューサーが異動になったのだ。

「仕事ができる人だったのに突然の異動で驚きました。それも、設楽さんとの衝突が一因だったと聞きました。確かに2人は、番組進行を巡ってぶつかることも多かったようです。今、現場で設楽さんの力はものすごく強いですからね…」(フジテレビ関係者)

『ノンストップ!』は2012年4月に開始した午前中の情報番組(朝9時50分スタート)。設楽にとっては情報番組の司会初挑戦という大仕事だった。今年2月には放送1000回を迎え、同時間帯の視聴率1位を記録するなど、人気情報番組に成長した。

「彼は飄々としながらもSっぽいいじりでトークを回す。妙な色気があるというか、女性視聴者のウケが抜群にいいんです。新番組で初司会者というのは本当に難しいですから、設楽さんにとってこの視聴率は快挙だと思います」(テレビ関係者)

 設楽の番組を背負う責任感は日増しに強くなり、結果、企画内容やゲストトークの台本にも積極的にかかわるようになっていった。

「番組で流すVTRの内容やトークのテーマにもかなり細かく注文が入るようになりました。“あのゲストの発言は視聴者から反感を買うのではないか”“芸能ニュースの取り扱い方がおかしい”とかね。テロップの入れ方一つ取っても非常に厳しく言われます。司会者の一意見として本当に貴重ですが、スタッフに激怒する様子もたびたび見られるようになって…。近年、その延長で共演者にも影響が出てきたんです」(前出・フジテレビ関係者)

 番組の目玉は「せきららスタジオ」のコーナー。例えば「不倫、夫の浮気」や「嫁姑」、「夫以外のセカンドパートナー」「ママ友」などのテーマに赤裸々トークを展開する。神田うの(41才)やLiLiCo(45才)、西川史子(45才)や千秋(44才)など曜日別のレギュラー陣をはじめ、ゲスト出演者の際どい発言も見所だ。

「でも、最近は過激トークが控えめなようです。というのも、設楽さんに嫌われないように顔色をうかがって発言するからです。言いたい放題キャラで炎上もお構いなしのうのさんでさえ設楽さんの前では相当気を使っています。うのさん、かつて設楽さんのNGに触れて怒らせてしまったことがあるみたいで…。同じくLiLiCoさんも戦々恐々なんだとか」(前出・フジテレビ関係者)

※女性セブン2016年5月26日号

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト