国内

注文増加中 高齢者に精神的なゆとりをもたらす「減築」

 年を重ねるごとに家に居る時間が長くなるのが高齢者だが、楽しくくつろげるはずの家で、ストレスを感じてはいないだろうか。

 総務省の統計によると、高齢者夫婦のみの世帯が占める割合は1983年には4%だったが、2015年には、11%と約3倍に。しかも、その約8割は戸建て住宅住まいだ。

 約20年後には現在55才以上の人の約4割がひとり暮らしになると推計され(※1)、近い将来、高齢者のひとり暮らしは珍しくなくなる。果たして、このまま住み慣れた家に住んでいていいのだろうか。

(※1)国立社会保障・人口問題研究所調べによると、日本の世帯総数は2035年には4956万世帯と予測。世帯主では、同年に75才以上が1174万世帯となり、そのうちひとり暮らしは、466万世帯になる。

「1980~1990年代は、郊外の新築戸建て住宅が人気で、家族が増えるなどの変化に合わせて家を増築するのが主流でした。しかし、10年ほど前から“減築”の要望が増え始め、今では年間受注数8000~9000件のうち、約5%が“減築”を希望されます」

 と、住友不動産の広報担当者は話す。現在、暮らしに関する不満や不安の原因が“家そのもの”にあるなら、減築リフォームを考えたほうがいい。不用品を整理する断捨離や、老いの身支度などが注目される中、老後を快適に暮らすためにも、かなり有効な選択だ。その際、考えてほしいのは、今よりこの先の暮らしだ。

 子供が独立し、夫婦ふたりだけになると、あまりにも広い家は効率的ではなく、防犯面での不安も生まれる。そこで、夫婦の生活スタイルにマッチした住空間にするためのリフォームで、余剰な床面積を減らす“減築”を選択する人が増えている。

「家族みんなで暮らすには狭苦しかった家が、ひとり暮らしとなると広すぎます。それに、広い家は掃除も大変だし、冷暖房費も余計にかかる。ちょっとした段差につまずき、2階に上がるのもおっくうに。これでは、“広くてのびのび暮らす”というより、“広苦しい”空間になってしまいます。だから、“小さな暮らし”を考え、“狭楽しい”家を目指すべきなのです」

 そう話すのは、『「おひとりさま」の家づくり』(新潮新書)などの著者である、建築家の天野彰さん。

「例えば、敷地いっぱいに家を建て、部屋数重視で細かく仕切られている場合、暮らしていくうちに、陽当たりや風通しの悪い北側の部屋は、人が寄りつかなくなるもの。使わないで暮らせるのなら、本来は必要のない部屋。減築すれば、より快適に暮らせます」(天野さん)

 このような家の場合、お手本にしたいのは、狭い間口で中庭のある京都の町屋だ。

「6部屋あった家の1部屋を減築して庭にすることで、すべての部屋の風通しがよくなり、日の光も入って、生活空間も広げることができるんです。“減築”というと、狭くてコンパクトになる半面、余裕がなくなるのでは、と思うかもしれませんが、むしろ精神的なゆとりを生み、快適になりますよ」(天野さん)

※女性セブン2016年6月23日号

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン