国内

注文増加中 高齢者に精神的なゆとりをもたらす「減築」

 年を重ねるごとに家に居る時間が長くなるのが高齢者だが、楽しくくつろげるはずの家で、ストレスを感じてはいないだろうか。

 総務省の統計によると、高齢者夫婦のみの世帯が占める割合は1983年には4%だったが、2015年には、11%と約3倍に。しかも、その約8割は戸建て住宅住まいだ。

 約20年後には現在55才以上の人の約4割がひとり暮らしになると推計され(※1)、近い将来、高齢者のひとり暮らしは珍しくなくなる。果たして、このまま住み慣れた家に住んでいていいのだろうか。

(※1)国立社会保障・人口問題研究所調べによると、日本の世帯総数は2035年には4956万世帯と予測。世帯主では、同年に75才以上が1174万世帯となり、そのうちひとり暮らしは、466万世帯になる。

「1980~1990年代は、郊外の新築戸建て住宅が人気で、家族が増えるなどの変化に合わせて家を増築するのが主流でした。しかし、10年ほど前から“減築”の要望が増え始め、今では年間受注数8000~9000件のうち、約5%が“減築”を希望されます」

 と、住友不動産の広報担当者は話す。現在、暮らしに関する不満や不安の原因が“家そのもの”にあるなら、減築リフォームを考えたほうがいい。不用品を整理する断捨離や、老いの身支度などが注目される中、老後を快適に暮らすためにも、かなり有効な選択だ。その際、考えてほしいのは、今よりこの先の暮らしだ。

 子供が独立し、夫婦ふたりだけになると、あまりにも広い家は効率的ではなく、防犯面での不安も生まれる。そこで、夫婦の生活スタイルにマッチした住空間にするためのリフォームで、余剰な床面積を減らす“減築”を選択する人が増えている。

「家族みんなで暮らすには狭苦しかった家が、ひとり暮らしとなると広すぎます。それに、広い家は掃除も大変だし、冷暖房費も余計にかかる。ちょっとした段差につまずき、2階に上がるのもおっくうに。これでは、“広くてのびのび暮らす”というより、“広苦しい”空間になってしまいます。だから、“小さな暮らし”を考え、“狭楽しい”家を目指すべきなのです」

 そう話すのは、『「おひとりさま」の家づくり』(新潮新書)などの著者である、建築家の天野彰さん。

「例えば、敷地いっぱいに家を建て、部屋数重視で細かく仕切られている場合、暮らしていくうちに、陽当たりや風通しの悪い北側の部屋は、人が寄りつかなくなるもの。使わないで暮らせるのなら、本来は必要のない部屋。減築すれば、より快適に暮らせます」(天野さん)

 このような家の場合、お手本にしたいのは、狭い間口で中庭のある京都の町屋だ。

「6部屋あった家の1部屋を減築して庭にすることで、すべての部屋の風通しがよくなり、日の光も入って、生活空間も広げることができるんです。“減築”というと、狭くてコンパクトになる半面、余裕がなくなるのでは、と思うかもしれませんが、むしろ精神的なゆとりを生み、快適になりますよ」(天野さん)

※女性セブン2016年6月23日号

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン