• TOP
  • 芸能
  • 朝ドラ、映画、宣伝… 高畑充希が忙し過ぎマイルール破り

芸能

2016.06.09 16:00  女性セブン

朝ドラ、映画、宣伝… 高畑充希が忙し過ぎマイルール破り

朝ドラを含め驚異的なスケジュールをこなす日々

 初めての給料日、家族にすき焼きをごちそうした常子(高畑充希・24才)は「一家の長」として名実ともに“とと”になった。女学校を卒業し、職業婦人としてたくましく働く常子を見守ってきた帝大生の星野武蔵(坂口健太郎・24才)は、ついにプロポーズを決意…!

 初回放送から50話連続で視聴率20%超えと絶好調の『とと姉ちゃん』は、ますます目が離せない展開になってきた。ヒロインを務める高畑もまた、目の回るような日々を送っている。

「朝ドラのヒロインは、歴代主演女優たちに“いちばんキツい仕事”と言わしめる役どころ。セリフ量は膨大で、撮影は朝から深夜まで。自分以外はベテラン俳優たちという環境もプレッシャーが大きい。だからこそ朝ドラを撮っているときはそれだけに集中するのが通例でした。でも高畑さんは、6月4日に公開された映画『植物図鑑』の主演も務めて、宣伝のためバラエティーなどに引っ張りだこ。朝ドラヒロインとしては考えられない驚異的なスケジュールをこなしています」(テレビ局関係者)

 撮影合間に台本を覚えてしまい、“家に仕事は持ち込まない”ことを“マイルール”としていた高畑だが、さすがに最近はそれを破ってオフの日も家で台本を読んでいるという。

 5月31日に放送された『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)に出演した際には、「台本はいつもだいたい5冊くらいかばんに入っていて、オフの日も読んで覚えている」と撮影の裏側を明かした。

 職業婦人デビューした常子の先輩役を演じ、“イビリ芸”が注目された真野恵里菜(25才)も、4日放送のラジオ番組で「スタジオに台本を持って行くなんてありえない」と話すなど、朝ドラの撮影現場は、セリフは事前に覚えてくるのが当たり前という厳しい世界。

「最初は余裕を見せていた高畑さんもさすがに朝ドラはキツかった。折り紙付きの演技力を発揮しアドリブでカバーしていましたが、そうすると方言がうまく入らなくなってしまう。ベテラン俳優から小言もあったようです。そんなこともあって、自宅に仕事を持ち込むようになったんでしょう」(NHK関係者)

 番組はもうすぐ折り返し。7月からは、いよいよ『暮しの手帖』伝説の名編集長・花森安治(唐沢寿明・53才)が登場する。高畑の“丁寧なセリフ覚え”にもますます熱が入る!?

※女性セブン2016年6月23日号

関連記事

トピックス