芸能

青木崇高 優香の新居からご近所スタイルで登場

優香と暮らす新居から出てきた青木崇高

 都心にあって緑多い閑静な住宅街の一角、淡いピンク色の低層マンション──優香(35才)が1年ほど前から住む“新居”だ。150平方メートルの広さに、30畳を超えるゆったりしたリビングでくつろぐのが最近の休日の過ごし方。その風景に、最近カレが加わった。自らのマンションを解約して、優香の自宅に引っ越してきたのがこの春のこと。そして…。

《生命力にあふれ、思いやりのある彼との日々はとても穏やかで、幸せを感じながら過ごしています。お互いを支え合い、ずっと笑っていられる家庭を築けるよう、努力していきます》

 6月13日、優香は結婚をそう報告した。交際半年でのスピード婚。「長い春」を繰り返してきた彼女の最終決断は早かった。

 お相手の青木崇高(36才)は『99.9 —刑事専門弁護士—』(TBS系)や『トットてれび』(NHK)など今クールも話題のドラマを掛け持ちする、185cmの長身にほりの深い顔が印象的な人気上昇中のワイルド系俳優だ。きっかけは今年1~3月に放送されたドラマ『ちかえもん』(NHK)での共演だった。

「6年前に共演したことがあって、このドラマで再会。青木さんが猛アタックしたそうです。当初優香さんはすごく戸惑っていたんですが、彼の方はお構いなしにガンガン押しまくった。結局、優香さんが根負け。交際をスタートさせたそうです」(ドラマ関係者)

 交際当初は慎重なそぶりを見せていた優香だったが、彼に一気に引き込まれていった。

「青木さんは本当にオープンなんです。ドラマの打ち上げではスタッフの一部に“実は優香さんとつきあっています!”って発表していたくらい。主演の松尾スズキさん(53才)も知るところで、“優香ちゃんのことタイプだったのに!”って悔しそうにしてましたから」(前出・ドラマ関係者)

 結婚報告の数日前、冒頭のマンションを後にする青木の姿があった。黒いTシャツにスエットパンツ、足元はビーサンのすっかり“ご近所スタイル”。友人の平岳大(41才)と合流すると中華料理店へ。その後、銀座や原宿をブラブラし、再びふたりの“新居”に戻っていった。

「過去の恋愛はなにかと制約があったり、我慢を強いられることも多かった優香ちゃんにとって、青木さんのあまりの堂々っぷりは新鮮に映ったようです」(優香の知人)

※女性セブン2016年6月30日号

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン