• TOP
  • 芸能
  • 謎の美女・祥子 まずは正体を母に伝え1年後に父に伝えた

芸能

2016.06.27 16:00  女性セブン

謎の美女・祥子 まずは正体を母に伝え1年後に父に伝えた

「ヌードには抵抗がなかった」と語る祥子

『週刊ポスト』のグラビアに“謎の美女”として登場すると謎が謎を呼び、一躍、有名となった祥子――現在は映画、ドラマ、バラエティー、グラビアと幅広い分野で活躍している。そんな彼女の謎に迫る。

「当時は、謎の美女が私だってことは誰にも言えなくて。自分なんですけど、自分じゃないみたいな不思議な感じでした」

 こう話す祥子は、2014年3月より約1年間、『週刊ポスト』の『新・謎の美女』シリーズに登場。ミステリアスな部分が話題となり一気に注目を集めた。このグラビア撮影ではヌードにも挑戦した。

「ヌードには抵抗がなかったです。ラストチャンスだと思って挑戦しましたし、見せられる体を準備しました。いい体がこの世に残るんだったら、全然惜しくなかったですね」(祥子・以下「」内同)

 誰にも正体を明かせなかったため、もちろん両親にも秘密にしていた。しかし、伝えていないのはまずいだろうと思い、まず母親に“謎の美女”が自分であることを伝え、理解してもらえた。その後、1年間やり遂げた後に、父親にもカミングアウト。その時、父は無言だったが父なりに整理してから、「がんばりなさい」と後押しを受けた。

「友達にも私から言ってなかったので、ウソツキだよねって言われました(笑い)。本当ごめんねって感じです」

 連載が終わると、“謎の美女”としてテレビの露出が増えた。写真では謎の部分を出すため、陰のイメージを出していた祥子だったので、共演した人たちから、驚きの声をかけられるという。

「思ったより明るいんだね、思ったより笑うんだねって言われますね。意外と普通なんですよ(笑い)」

 こう笑う彼女を取材すると、たしかに“普通の美女”だということがわかった。マッサージのオイルや化粧水は高いものではなく、安くてお気に入りの物を買う。

「だって、高いものだと出しすぎちゃってもったいない!とかあるじゃないですか(笑い)」

 本当は明るくて、自然体。もう謎の部分はないのだろうか?

「1年間話せなかった分、急激に話してしまったので、謎の部分が今はもうないんです(笑い)」

 そう満面の笑みを見せる祥子。謎の部分にも惹かれるが、ありのままの姿はもっと美しかった――。

【祥子(しょうこ)】
1985年熊本県出身。2014年3月より週刊ポスト『新・謎の美女』としてブレーク。2015年には映画『D坂の殺人事件』で映画初主演。レギュラーはTOKYO MX『バラいろダンディ』など。

撮影■平野哲郎

※女性セブン2016年7月7日号

関連記事

トピックス