• TOP
  • 国内
  • 植松容疑者の犯行予告代筆断った友「本当に実行するとは…」

国内

2016.08.01 07:00  週刊ポスト

植松容疑者の犯行予告代筆断った友「本当に実行するとは…」

植松聖容疑者の素顔とは(Twitterより)

 7月26日未明、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」を襲った植松聖容疑者(26)は、たった1人で死者19人、重軽傷者26人(7月28日現在)を数える大量殺戮事件を起こした。

「明るくて挨拶もしっかりする好青年」(近隣住民)といった声もある植松が最初に刺青をいれたのは大学3年生の時、左胸に彫った「金魚」だったという。当の彫り師の述懐だ。

「店にやって来るなり“将来が不安で、何かを変えるきっかけにしたい”と話し始めた。その日のうちにいれられる図柄の中から、彼が選んだのが『金魚』だった。事件後の報道を見て、金魚のワンポイントから本格的な和彫りが加わっていたので驚いた」

 その刺青が、男を変えた。植松の「殺人思想」に大きな影響を及ぼしたと見られるのが、勤務していた「やまゆり園」を退職するまでの「空白の4か月」だ。

 2014年末から月に数回の頻度で更新されていた植松のツイッターを見ると、友人との食事などを楽し気に紹介するものが大半だった。しかし、昨年10月29日の〈心技体の充実。これを目標に生きよう〉というツイートを最後に一時中断。

 今年2月12日、〈正しいかどうか分からないが、行動あるのみ〉という意味深な発言でツイートが約4か月ぶりに再開された。

 2月14日に植松は衆議院議長公邸に〈私の目標は重度障害者が安楽死できる世界〉、〈私は障害者総勢470名を抹殺することができます〉などと記した手紙を持参している。その中には〈職員の少ない夜勤に決行致します(中略)職員は絶対に傷つけず、速やかに作戦を実行します〉と犯行予告と取れる内容も含まれていた。

 この手紙の代筆を頼まれた人物がいる。植松の親友である。彼は植松を「サト君」と呼ぶ。

「今年1月、サト君から“お前にしか頼めないことだ。字が下手な俺の代わりに書いてくれ”と電話で依頼されました。“障害者の大量殺戮計画だ”というので、最初は冗談だと思いました。でもサト君は“本気だ”という。

“本当にやったら、お前、人生終わるぞ”と諭したのですが、“俺の人生だからいいだろ?”と全く動じなかった。昔はそんな危ない奴じゃなく、刺青をいれた当初も“ファッションだよ”って笑ってたくらい。もちろん代筆は断わりましたが、まさか本当に実行するなんて……」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス