• TOP
  • 国内
  • リア充だった植松聖 両親の反対無視で刺青増やし関係悪化

国内

2016.08.02 07:00  週刊ポスト

リア充だった植松聖 両親の反対無視で刺青増やし関係悪化

背中にも刺青がびっしり(Twitterより)

 神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」をたった1人で襲い、死者19人、重軽傷者26人(7月28日現在)を数える大量殺戮事件を起こした植松聖容疑者(26)。日本の戦後犯罪史上、最悪の事件を起こした“稀代の殺人鬼”はどんな人物なのか。大学時代の友人が語る。

「植松は、バーベキューや飲み会を活動内容とする『オールラウンドサークル』に所属していた。会うと“ヨウ!”とハイタッチする陽気なノリの男で、場を盛り上げるムードメーカーだった。ガールフレンドも多く、当時は可愛い恋人もいた。典型的な“リア充(実生活が充実している)”大学生でした」

 成人式ではハメを外し過ぎて、こんな騒動も起こしている。

「袴を着て地元の仲間たちと軽トラの荷台に乗り、一升瓶の日本酒を回し飲みしながら町中を走っていました。酔っ払って軽トラから落ちる人もいて、大騒ぎに。軽傷で済んだから、今では笑い話です」(地元の知人)

 だが、植松は大学生活が終盤に近づくにつれ、将来に不安を覚えるようになっていく。刺青をいれたのは、その頃だった。

 彼の不安は的中した。小学校の図工の教師をしていた父親の影響か、「幼少の頃から父親と同じ小学校の先生を目指していた」(近隣住民)という植松だが、夢だった教員の採用試験に合格することができなかったのだ。

 この頃の植松の様子を友人のひとりは、「あまりのショックで、一時的に引きこもりに近い状態だった」と話す。

 大学卒業後すぐの2012年春、飲料メーカーの配送員として勤務するも、「給料が安すぎて、経済的にキツい」といって半年で退社。この前後から、植松と両親が怒鳴り合う声が近所に響くようになる。

関連記事

トピックス