芸能

北斗晶、悲願の家族で海外旅行 願いを込めたセドナ行き

悲願の家族セドナ旅行に行った北斗

《気分がすぐれない時の私の楽しみは…日頃からコツコツ貯めているJALマイルのチェック》(2月2日)
《早く旅行に行きたいな~》(7月3日)

 約10か月の闘病生活の間、北斗晶(49才)はブログに何度となくそう綴ってきた。「家族で海外旅行」は悲願であり、希望の光だったからだ。

 7月末には、《まだ治療で平日は毎日通院だから、終わるまではどこも旅行に行けないけど》と嘆いていたが、それから約3週間後、願いは叶うことになる。8月15日、家族4人はアメリカ・アリゾナ州にあるセドナへ旅立った。

 昨年7月に乳がんが発覚し、同年9月に右乳房全摘手術を受けた北斗。術後も数度の抗がん剤治療を受け、入退院を繰り返してきた。痛みや吐き気、副作用による脱毛など苦しい闘病生活があったことを、本誌も報じてきた。

 病に倒れるまでは国内外を問わず頻繁に旅行に出かけ、自宅トイレの棚には海外のガイドブックや絶景写真集をズラリと並べるほどの旅行好き。

「海外旅行に行った友人からの写真やお土産を見ては“バーチャル旅行”に浸り、パスポートを眺める日々を送っていたそうです」(北斗の知人)

 今年2月にはパスポートの更新期限が6月であることがわかり、急遽、証明写真撮影へ。抗がん剤治療後は副作用で頭髪が抜けているだろうから、その前に――当時のブログではそんな思いが明るく書かれている。今年4月、母親は北斗からの言葉を本誌に語ってくれた。

「“病気を治して、家族みんなでグアムやサイパンに行くんだ”って。“キレイな海で日が暮れるまで遊んで、おいしいものを食べ尽くそう”って。その日は絶対に来ます。私は信じているんです」

 信じていた日は、乳がん発覚から1年後にやってきた。冒頭の通り、一家が旅先に選んだのは日本から距離にして約1万kmのセドナ。アメリカ西南部にあるセドナは、ロスまで10時間、国内線に乗り換えて約2時間、さらにそこから車で約2時間はかかる。

「4月末に抗がん剤治療を終え退院して以降は通院しながら抗がん剤治療、加えてホルモン治療に専念。嘔吐や頭痛も落ち着いて、7月上旬には友人たちと外食するなど、かなり回復した様子でした」(芸能関係者)

 顔色は明るく、春先に比べると、むくみもとれてスッキリした表情になった北斗。14時間の旅路をものともしない“たくましさ”を見せた。

 乳腺外科「ベルーガクリニック」院長の富永祐司さんが言う。

「このタイミングで旅行に行けるということは、4月に終えた抗がん剤治療の副作用も出ておらず、その後の放射線治療やホルモン治療の経過も順調だということでしょう。7月末まで毎日通院していたということは再発の可能性も低い。再発や転移していた場合、毎日通院して治療するというよりは週単位での通院や入院などになるからです」

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン