芸能

北斗晶、悲願の家族で海外旅行 願いを込めたセドナ行き

悲願の家族セドナ旅行に行った北斗

《気分がすぐれない時の私の楽しみは…日頃からコツコツ貯めているJALマイルのチェック》(2月2日)
《早く旅行に行きたいな~》(7月3日)

 約10か月の闘病生活の間、北斗晶(49才)はブログに何度となくそう綴ってきた。「家族で海外旅行」は悲願であり、希望の光だったからだ。

 7月末には、《まだ治療で平日は毎日通院だから、終わるまではどこも旅行に行けないけど》と嘆いていたが、それから約3週間後、願いは叶うことになる。8月15日、家族4人はアメリカ・アリゾナ州にあるセドナへ旅立った。

 昨年7月に乳がんが発覚し、同年9月に右乳房全摘手術を受けた北斗。術後も数度の抗がん剤治療を受け、入退院を繰り返してきた。痛みや吐き気、副作用による脱毛など苦しい闘病生活があったことを、本誌も報じてきた。

 病に倒れるまでは国内外を問わず頻繁に旅行に出かけ、自宅トイレの棚には海外のガイドブックや絶景写真集をズラリと並べるほどの旅行好き。

「海外旅行に行った友人からの写真やお土産を見ては“バーチャル旅行”に浸り、パスポートを眺める日々を送っていたそうです」(北斗の知人)

 今年2月にはパスポートの更新期限が6月であることがわかり、急遽、証明写真撮影へ。抗がん剤治療後は副作用で頭髪が抜けているだろうから、その前に――当時のブログではそんな思いが明るく書かれている。今年4月、母親は北斗からの言葉を本誌に語ってくれた。

「“病気を治して、家族みんなでグアムやサイパンに行くんだ”って。“キレイな海で日が暮れるまで遊んで、おいしいものを食べ尽くそう”って。その日は絶対に来ます。私は信じているんです」

 信じていた日は、乳がん発覚から1年後にやってきた。冒頭の通り、一家が旅先に選んだのは日本から距離にして約1万kmのセドナ。アメリカ西南部にあるセドナは、ロスまで10時間、国内線に乗り換えて約2時間、さらにそこから車で約2時間はかかる。

「4月末に抗がん剤治療を終え退院して以降は通院しながら抗がん剤治療、加えてホルモン治療に専念。嘔吐や頭痛も落ち着いて、7月上旬には友人たちと外食するなど、かなり回復した様子でした」(芸能関係者)

 顔色は明るく、春先に比べると、むくみもとれてスッキリした表情になった北斗。14時間の旅路をものともしない“たくましさ”を見せた。

 乳腺外科「ベルーガクリニック」院長の富永祐司さんが言う。

「このタイミングで旅行に行けるということは、4月に終えた抗がん剤治療の副作用も出ておらず、その後の放射線治療やホルモン治療の経過も順調だということでしょう。7月末まで毎日通院していたということは再発の可能性も低い。再発や転移していた場合、毎日通院して治療するというよりは週単位での通院や入院などになるからです」

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン