ビジネス

無洗米開発者 「まだまだ実現しなくてはならぬ技術がある」

普段は金芽米を食べているという東洋ライス社長の雜賀慶二さん

 お米に関する新発見や新アイディアを次々と提供するのが、東洋ライス代表取締役社長の雜賀慶二さんだ。たとえば、洗わずに炊ける「無洗米」を最初に発売したのも雑賀さんだ。また、今年7月には東洋ライスが発売した「世界最高米」が文字通りギネス世界記録「世界で最も高額なお米」に認定された。その値段は、なんと1kgで1万1304円だ。最近スーパーなどで5kgのお米は1700円ほどで売られているのでその価格の高さが分かるだろう。

 本来、お米は瑞々しさが命。新米ほど尊ばれる。また、精米したてほどおいしく、買う時は精米日を確認する人が多い。ところが、この常識も雑賀さんが覆してしまった。

 さかのぼること17年前。1999年12月、雜賀さんはその年に収穫した新米を、独自に開発した食味維持システム「エコ・グリーン・カプセル」に保管。それから4年が過ぎた2003年の暮れ、その年の新米コシヒカリと4年前に保管したお米の食べ比べを、食の専門家らを招いて公開で実施。同時に専門機関にて科学的な検査を行った。

 その結果は、なんと4年前の古米が圧倒的な勝利をおさめたのだった。この保管技術が、食味の劣化を防ぐだけではなく、保管中にお米をおいしくさせる効果を持っていたのだ。

 この技術を生かして、万が一の凶作や災害に備えられるのはいうまでもなく、よりおいしいお米の普及になる、と雜賀さんは闘志を燃やす。もちろん、日本のお米を世界にも紹介しやすい。

 また、現在は最新の精米技術によって開発、販売する金芽米が注目を浴びている。

「金芽米を開発していちばん恩恵を受けているのは私なんです。もともと病弱で、体力には自信がなかったんです。それがね、金芽米の高栄養のおかげでまるで病気知らずでいます」(雑賀さん、以下「」内同)

 雜賀さんの普段の食卓も気になるところ。連れ添って60年近くになる夫人は、中学校時代の友人の妹さんだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン