芸能

坂口杏里の転身に堀江貴文氏苦笑い「間違った観念」

坂口杏里の転身について思いを述べる堀江貴文氏

 10月1日、二世タレントとして人気を博した坂口杏里のアダルトデビュー作が発売され、大きな話題を呼んでいる。転身の理由については、ホストクラブで作った莫大な借金の返済のためなどと報じられているが、これに対し、「物事を知らない人は搾取される」と苦笑いするのが、ホリエモンこと堀江貴文氏だ。

「本来、個人レベルで理屈の通らない額の借金をおしつけられたとき、返さないといけない道理はないんです。その借金額が返済能力をとうに超しているなら、自己破産など債務整理の手続きを取れば済む。要は、踏み倒せばいいわけです。借金は何が何でも絶対に返さないといけない、返すのが人の道だという、間違った観念にとらわれているのではないでしょうか」(以下、「」内は堀江氏)

 堀江氏は、新著『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』の中で、普通のOLがホストにハマって借金を背負い、風俗で働くようになった複数の事例や、車でガードレールにぶつかって多額の修理代を請求されたり、震災時に怪しい業者に騙されたりして、結果的に風俗店に勤めることになった被災女性のケースなどを紹介している。

「被災女性のケースでは、デリヘルの仕事後にコンビニで揚げ物や菓子パンを買って、車の中で食べるのが唯一のストレス解消法で、挙げ句ブクブクに太ってしまったと聞いています……。世の中には、わけのわからない借金を押しつけられ、その返済に窮して人生を台無しにしている人が多すぎるんです。私に言わせれば、物事を知らなすぎるし、真面目すぎる」

 ここ数年、日本では女性の貧困問題が顕在化し、今や働く単身女性の3人に1人が年収114万円未満の「貧困女子」に該当するとの調査結果もある。また、大学の学費や生活費のために風俗店でアルバイトしたり、奨学金返済のため、入社間もなく仕事を辞め、風俗に転身したりした女性の例なども盛んに報じられている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン