ライフ

片時もスマホを離せない人に読んでほしい芥川賞作家の一冊

【書評】『スマホ断食』/藤原智美・著/潮出版社/1296円+税

【評者】伊原和弘(フリーライター)

「スマホ、ご覧にならないの? 新聞でも読みます?」

 先日、初めての店に入って1人で飲んでいたら、女将さんからそう声をかけられた。1人客はほかにも2人いたが、言われてみればどちらもスマホをいじっている。1人でぼんやりと酒を飲んでいた私は、よほど奇異に映ったらしい。

 都内で電車に乗ると、ほとんどの人がスマホを見ている。ちなみに、内閣府が行った平成27年度「青少年のインターネット利用環境実態調査」によると、高校生のスマホを使った平均ネット利用時間は1日「約2時間半(157.7分)」。「3時間以上」と答えた者も40.9パーセントいたという。

 この状況は少し異常ではないだろうか? 本書は「ネットに潜む危険」を次々と挙げながら、ネット時代に警鐘を鳴らす一冊だ。

 例えば、他人の文章や画像を盗作する事件が多発しているのは、コピー・アンド・ペーストが簡単に行えるようになったから。思慮の浅い無責任なコメントが多く見られるのも、ネットが持つ匿名性と無縁ではないだろう。

 数が多くて競争が激しいネット動画は、必然的に過激で刺激の強いものになっていく。わからない言葉は検索すればすぐに答えが出るため、辞書を引いて「言葉を理解し記憶する」力や「自分の頭で考える」力が衰退している…。

 とりわけ、著者がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に向ける目は厳しい。

 まず、SNSは個人情報を公開することが基本。ポイントカードで企業に消費傾向を分析されるように、特定の友人にだけオープンにしたつもりの個人情報も、いつの間にか思わぬところに流れている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン