芸能

土屋太鳳 感動のマラソン激走を生んだ「スパルタ幼児教育」

激走に「女優魂を見た」と絶賛の声

 女優の土屋太鳳(21)が10月8日放送のTBS『オールスター感謝祭』の名物コーナー「赤坂5丁目ミニマラソン」で見せた激走に、「女優魂を見た」「武士のようですらある」と絶賛の声が上がっている。

 16日から放送開始の連続ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』の出演者代表として出走した土屋は、ハンデ戦とはいえゲストのリオ五輪・陸上1万メートル金メダリストのモハメド・ファラー(33)や猫ひろし(39)ら芸能人ランナーに交じり、全4周のコースの3周までトップを守る力走を見せたのだ。

 とくに視聴者の心を鷲掴みしたのは8位という順位より、苦しそうなのに一切手抜きなしの真剣勝負ぶり。完走直後、酸欠でフラつきながらも向けられたマイクを奪い取った土屋は、「『IQ246』は本気で見ていただきたいです」と“命がけの番宣”をやりきる根性を見せたのである。

 日本女子体育大学体育学部に在学中の土屋だが、その“スポ根”のルーツはむしろ小学生時代に入部した「バディ陸上クラブ」にあるようだ。バディは、「〈やればできる経験〉をさせる」の方針の下、世田谷区を中心に関東に7つの「スポーツ幼児園」や小中学生向けスポーツクラブなどを運営する。

 幼児園では幼児教育からサッカー、バスケット、スキーなどの大会まで1年を通じて競技会が目白押しで、卒園式で逆上がり、三点倒立、跳び箱6段を成功できなければ卒園できないという筋金入りの“スポ根”スタイルで知られる。

 サッカー日本代表の武藤嘉紀(24)は幼児園から中学卒業までバディでサッカーや陸上に取り組んだほか、11日のW杯最終予選オーストラリア戦で代表デビューした丸山祐市(27)もクラブ卒団生だ。土屋を指導した鈴木威・園長(66)は目を細めていう。

「合宿ではJR八王子駅近くの〈ひよどり山(小宮公園)〉で、1周約800メートルのコースを10周くらい走らせたかな。太鳳の2学年上の武藤は『人生で一番きつかったのはひよどり山』というほど苦しんでいましたが、太鳳は根性があってあまり弱音を吐かなかった」

 魂のラストスパートはスパルタ教育の賜物だったようだ。

※週刊ポスト2016年10月28日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン