国内

関東連合元幹部の実名告白 O社長やグラドルMの名も

関東連合の元最高幹部・柴田大輔氏

 市川海老蔵への暴行事件(2010年11月)や、六本木のクラブ殺人事件(2012年9月)などで世を騒がせた半グレ集団・関東連合。その元最高幹部である柴田大輔氏(37)が、自らが関わってきたAVビジネス、そして芸能界の内幕を実名告白した──。(取材・文/伊藤博敏=ジャーナリスト)

 * * *
 AVビジネスに限らず、水商売が成功するかどうかの鍵は「商品」、つまり女性の調達だ。柴田氏が語る。

「AV女優になる女は基本的に3つに分類される。“心が病んでいる”か、“田舎者で世間を知らなくて頭もあまり良くない”か、“ただただお金が欲しい”かです。僕がAVビジネスを始めた頃は最初の2パターンが多かったが、現在は3つすべてに該当する女が圧倒的に多い」(以下「」内は柴田氏)

 スカウトには「関東連合」の名前が大いに力を発揮した。

「路上スカウトには縄張りがあり、それぞれにケツ持ちがいる。しかし僕らはそんな“ルール”に縛られない。クレームが入っても返り討ちにするから、瞬く間に“関東連合系のスカウト会社”として恐れられた。

 業界では御法度とされる女優の引き抜きもやった。個人経営の小さなプロダクションの女優で稼げそうなコに接近して口説き落とす。本人にOKさせてから、事務所の社長に“本人が辞めたがっている”“事務所からのギャラが契約書と違う”などとテキトーに言って社長を詰めるんです」

 その後、柴田氏は個人でもスカウト会社を設立。女優をプロダクションに斡旋するだけで、月に紹介料として500万以上の安定収入があった。それを足がかりに芸能プロの運営も始めた。まさに(AVと飲食店で成功した関東連合の)“K先輩”から学んだ「女をカネに替える」やり方だ。

 その中枢にいた柴田氏が一目置いていたのが、F氏という元サッカー選手だった。

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
もし在庫があったとしてすぐに設置できるとも限らない
猛暑予想でもエアコンは深刻な品薄 「1~2か月待ち」で夏に間に合わない可能性も
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト