ライフ

野菜高騰で活用したいストック野菜「じゃが・たま・にん」

ストック野菜を長期保存する方法とは?

 台風などの影響で野菜の値段が高騰している。そこで活用したいのが、“ストック野菜”の定番「じゃがいも」「玉ねぎ」「にんじん」だ。

 まとめて買えるので単価を安くできるうえ、長く保存できるので、家計がピンチの時は頼もしい味方になる。

 一方で、定番野菜だからこそカレーやシチュー、肉じゃがといったマンネリレシピになりがちという問題も。でも実際には、“じゃが・たま・にん”は、和洋中さまざまな料理に使える万能食材だと、料理研究家の石澤清美さん。

 さらに、栄養豊富で、美肌にもいい食材だと管理栄養士の浜本千恵さんは言う。

「じゃがいもに豊富に含まれるビタミンCは、シミやしわの予防や改善に効果が期待できます。さらに、カリウムが筋肉の動きを活発にしてくれるので、むくみ予防にも有効。玉ねぎに含まれるオリゴ糖には、整腸作用が。にんじんに含まれるβ-カロテンには、肌荒れを抑える効果もあるのです」

 安くてうまくて、レシピも豊富。さらに美肌にもいいなら、早速活用しなくては。

「調理する際は、できるだけ皮つきのまま大きく切ると、時短にもなり、栄養もしっかり摂れます」(石澤さん)

 この3野菜がもっと長持ちする保存方法を教えてもらった。

【じゃがいも】紙袋に入れ常温保存

 紙袋や麻袋に入れて風通しのよい冷暗所へ。約1か月は保存可。「日に当たると皮や芽に毒性のソラニンが発生しやすくなるので避けて」(石澤さん)。

【玉ねぎ】ざるで常温保存

 ざるやかごなどの通気性のよい入れ物に入れておけば約1か月は保存可能。「“蒸れ”が大敵。蒸れると内部から腐ります」(石澤さん)

【にんじん】ラップして野菜室保存

 1本ずつラップに包み野菜室で葉の方を上にして立てて保存すれば約2週間は保存できる。「必ず表面の水分を拭き取ること」(石澤さん)

※女性セブン2016年11月10日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン