• TOP
  • 芸能
  • 写真家・清水清太郎氏も舌巻く中森明菜の自分プロデュース力

芸能

2016.11.06 16:00  週刊ポスト

写真家・清水清太郎氏も舌巻く中森明菜の自分プロデュース力

写真家の清水清太郎氏

 肉欲的で被写体の色香が匂い立つような写真を得意とする写真家の清水清太郎氏。40年以上、数多くの女性を撮影してきた中で、清水氏が舌を巻くほどセルフプロデュース能力に長けたモデルがいる。

 特に『十戒』、『飾りじゃないのよ涙は』のレコードジャケットを撮影し、1984年の1年間、オフィシャルカメラマンを務めた中森明菜は別格だったと語る。

「コンサートの時。開始時間が近づくにつれ、超満員の客がだんだん騒ぎ出すわけよ。ところが時間になっても明菜が出てこない。裏では舞台監督とか皆が明菜に“出て!”っていってるのに、あの子は構えて全然出て行かないんだ」

 徐々に客席が騒ぎ始める。そしてこれ以上はパニックになるという頃合いになった時、「ドーンと、ドアを蹴っ飛ばすような勢いで出て行った。その瞬間に会場は最高潮だよ。こいつはすごいなって思った。自分で演出してんだなって」

 同様に感心させられたのが川島なお美だった。

「こういう私を撮ってほしい、こういう衣装がいいというアイデアをどんどん出してくる。自分の中でイメージができるんだろうな。頭が良い子だったね」

 還暦を超えた今も、次の被写体を探し、精力的に撮影を続ける清水氏。その原動力は何か。

「そんなの理由は一つだよ。綺麗な女性が、そして写真が大好きだから。これに尽きるね」

※週刊ポスト2016年11月11日号

関連記事

トピックス