ビジネス

日本の「木下サーカス」 総勢100名で目指す世界一

華やかに集う「木下ファミリー」

 明治時代(1902年)に日本初のサーカスとして誕生した「木下サーカス」。創業114年を数えてなお、開場前に入場を待ちわびる家族連れが長い行列をつくる。

 日本でのサーカス最盛期は昭和30年代とされ、当時は全国に30以上あったというが、現在はほぼ消滅している。かつて日本3大サーカスと謳われたキグレサーカスも、6年前に大きな負債を抱えて事業停止。娯楽の多様化に加え、近年ではカナダのシルク・ドゥ・ソレイユなど、海外の現代的なサーカスの台頭もあって、日本のサーカスは淘汰されている。

 そんな中で木下サーカスは、アメリカのリングリング・サーカス、ロシアのボリショイサーカスと並び「世界3大サーカス」の一角をなす。

 現在、「木下大サーカス」として全国を巡回し、4~5年ごとに同じ地域を訪れる。希少なホワイトライオンの猛獣ショーなど、看板の演目に磨きをかけ、定番のショーの内容も常に刷新している。

 戦前から続く伝統を継承し、鉄製の球形ドーム内をバイクが爆音を上げて縦横無尽に走り回るオートバイショーは1945年に始まった自慢のオリジナル演目。4代目社長の木下唯志氏が語る。

「バイクだけでも迫力満点なのですが、現在は女性ダンサーと音楽を組み合わせてショーアップしています。アメリカ60年代のダンスシーンを意識した編成で、国際線の機内で観た映画がきっかけでした。

 リドやムーランルージュなどのパリのキャバレー文化や宝塚など、国内外のあらゆるエンターテインメントを吸収して演目をバージョンアップすることで、『前に観た時とまったく違う!』と、リピーターのお客様も喜んでくれます」

 サーカスが好きでたまらない木下氏の情熱に惹かれて入社を希望する学生も多く、新卒採用は倍率30倍の狭き門。ベテランから若手まで100人の社員を抱える大所帯となったが、木下氏は次なる夢を描く。

「1991年に『The greatest circus in the world』というロゴを付けました。当時は『世界一のサーカス』なんて恐れ多かったのですが、今は手の届くところまできたと感じています。世界のトップを見据えて、奢ることなく地道にその夢を実現したいです」

 トップの志が伝播して、組織の意識も変わる──力強く語る木下氏の目は、すでに次の100年を見据えている──。

取材・文■渡部美也 撮影■太田真三

※週刊ポスト2016年11月18日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン