芸能

吉田美和、亡き義母・りりィから託された散骨の願い

りりィさんの葬儀に参列した吉田とJUON

 青く輝く太平洋を望む千葉県鴨川市の海岸沿いに、そのマンションはあった。近隣住人は、半年ほど前から『DREAMS COME TRUE』(以下ドリカム)のボーカル・吉田美和(51才)がよく訪れていたことを記憶していた。

「旦那さんと一緒にね。ここ、彼女の姑さんが住んでいたから。入院中の家のことなんかもやってあげてたのかな。今どき珍しい、立派なお嫁さんでしたよ」(近隣住人)

 11月11日朝6時、歌手のりりィ(享年64)が亡くなった。末期の肺がんだった。

「ずっと鹿児島の病院にいたんだけど、転移も見つかって。“最期は自宅で”ということで、今年春に鴨川に戻ってきたんです。近くの大病院で入退院を繰り返していましたけど、最後は何も食べられなくてね。酸素ボンベも手放せないし、痛々しい姿だった」(別の近隣住人)

 吉田がりりィさんの息子で歌手のJUON(31才)と結婚したのは、2012年3月のこと。自身のバンドとは別に、ドリカムのサポートメンバーとしても活動していたJUONが吉田に“婿入り”したことが当時話題になった。

「“身も心もあなたに捧げます”という誓いを込めて婿入りしたそうです。吉田さんは彼の19才も年上でりりィさんとは13才しか離れていない。複雑な思いもありそうですけど、りりィさんは“ふたりが幸せならいいじゃない”って気にするそぶりもなく。蛙の子は蛙というか、JUONさんもずっと音楽をやってきて、母子がとても仲よくてね。そこに吉田さんも入っていったわけだけど、嫁姑関係は上手くいっていた。吉田さんとりりィさんはどちらかというと“姉妹”みたいな関係でしたね。結婚した時は、“逆玉だね”って茶化したら、“そうなのよ、いい人見つけて一安心だわ”って笑ってたっけ…」(りりィさんを知る音楽関係者)

 1974年の『私は泣いています』以降、数々のヒット曲を出したりりィさんを吉田はミュージシャンとして尊敬していた。晩年、小さな会場でりりィさんがライブをした際も、吉田が訪れている姿が何度も目撃されている。

 2009年にはドリカムが主題歌『その先へ』を歌ったドラマ『救命病棟24時』(フジテレビ系)にりりィさんが出演し、“嫁姑共演”に吉田は歓喜していたという。

 りりィさんは生前、『Lily-Yoji』でユニットを組むミュージシャンの斉藤洋士氏(60才)と内縁関係にあったが、

「吉田さんは斉藤さんとも仲良しで、嫁舅関係も問題なかった。4人全員が家族って感じだった」(別の音楽関係者)

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン