ライフ

降圧剤は認知症を予防するのか、招くか どっちが正しい

降圧剤と認知症の関係は?(イメージ)

 降圧剤は認知症を予防するのか、むしろその“原因”となるのか──高血圧患者の目の前には、相反する2つの説が並存してきた。いったいどちらが正しいのか、徹底検証した。

 まずこの議論を理解するには、高血圧の進行サイクルを知る必要がある。高血圧の状態が続くと、血液の圧力に耐えるために動脈の血管壁が厚くなる。狭くなった血管は弾力を失って硬くなり、動脈硬化が起こる。そこに血液を流そうとして血圧がまた上がり、さらに血管が狭くなる──という負の循環だ。

 そのサイクルが認知症の約3割を占める脳血管性認知症と呼ばれる疾患につながっていくという。日本脳ドック学会理事長で小林病院名誉院長の小林祥泰氏はこう説明する。

「高血圧を放置すると脳の血管が動脈硬化で狭くなり、脳梗塞のリスクが高くなります。脳血管が詰まってしまうと、その先に酸素などが行き渡らず脳細胞が死んでしまう。その結果として起きるのが脳血管性認知症です。

 降圧剤を飲んで血圧がコントロールできれば、脳梗塞リスクが下がり、その先にある認知症の予防にもつながるということです。

 降圧剤のなかでも、たとえばARBと呼ばれる薬剤は血管を収縮させる物質のはたらきを阻害します。このARBを服用していた人では、認知症の発症が少なかったとする研究結果があり、薬によって脳血流が改善されたことが背景にあると考えられます」

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
白井一行球審、マスクの内側は?(時事通信フォト)
ロッテとトラブルの白井一行球審の素顔 AKB48の大ファンで推しは大島優子
週刊ポスト
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
日本維新の会の音喜多駿・参院議員が週刊ポストに提供してくれた今年5月10日支払い分の議員歳費の「支払明細書」
国会議員の本当の支払明細書を公開 「月100万円しか」どころじゃなかった
週刊ポスト
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン