芸能

真矢ミキ「2時間会えばほとんどの話できる」の言葉に感銘

休日は「ダメ人間」という真矢ミキ

 朝の生放送のレギュラーを持つ真矢ミキさん。プライベートの時間もないくらい忙しいのでは…と思いがちだが、忙しい中で時間を有効に使っているという。真矢さんが、日々の生活について綴る。

 * * *
 朝の情報番組をさせていただいている私は、平日の朝は4時半に起きて5時半にはテレビ局入り。そしてメイクや打ち合わせをして、8時から10時まで生放送。従って午前中の10時半には一日の仕事がほぼ終わっているのです。そう、前倒しの生活。

 で、そのあとどうするか。私は結構な貧乏性みたいで、これだけ時間があれば、あれもこれもできると詰め込みがち。だから以前はスケジュール帳のマスの中だけで生活していた(わかります? 1か月見開きの、正方形の1マスが1日になってるタイプ)。しかし最近は1マスじゃ足りなくなり、後ろのほうの時間割みたいな頁もしっかり使いこなすようになってきました。

 しかも、ひとつの予定が分単位で…(私、変わったなぁ)。先日も上野にある博物館で脳科学者の、のんちゃん(中野信子さん)と番組終了後すぐの11時半に待ち合わせ、そしてすぐさま壁画を見に『世界遺産 ラスコー展』へ。

 右耳にはイヤホンガイド、左耳には彼女の科学者としての解説を聞けるという何とも贅沢な時間が過ぎていく。

「ホモ・サピエンスくらいから前頭葉が急激に突き出し発達してる。おー、職人技ね? ネアンデルタール人…」などなど楽しいなんてもんじゃない。

 難しいことはわからないけど昔から恐竜や考古学に興味がある私にはたまらない。時空を超えた空想世界に酔いしれる。結局、私たちはチケット代の元を余裕で取りかえすほどに堪能し、記念にミュージアムショップでマンモスの牙を共に買い、これをペンダントにしようと盛り上がり午後1時半には“じゃーね”とマンモスの牙を握りしめながら慌ただしく別れた。お茶すらせずに。

 普通ここからの女子トークやら遅めのランチやらが楽しいのでは? なのでしょうけど、彼女とはこんな過ごし方がもっとも自然だった。人とのおつきあいに相性はつきもの。これはどなたも感じられること。あと、それに加えて、相手によって過ごす時間もさまざまがいいのかな、と、最近私は思う。

関連キーワード

関連記事

トピックス