芸能

ぺこりゅうが学ぶべき、林家ペー・パーが芸能界で生き残る訳

ぺこりゅうもこの2人を参考にしたほうがいい?

 不倫・離婚報道が吹き荒れる芸能界において、今年のおめでたいニュースといえばタレントのりゅうちぇる(21)とぺこ(21)の結婚。二人のアツアツぶりはテレビからも十分すぎるほど伝わってくるが、まだ若い彼らを心配する声も少なくない。一方、この二人の結婚で急速に評価を高めているのが、りゅうちぇるとぺこが心酔する林家ぺー(75)・パー子(68)夫妻だ。テレビ黄金期から今に至るまで、これだけ長く第一線で活躍し続けてきた夫婦タレントは他にいないだろう。林家ペー・パー子夫妻が芸能界で生き残ることができたのはなぜか。お笑い評論家のラリー遠田さんが解説する。

 * * *
 芸能界はよくイス取りゲームにたとえられます。誰かが先に座っていれば、その席が空くまで待つという人もいますが、売れるために必要なのは自分で自分の座るイスを見つけることです。たとえばセレブタレントの枠があるとします。その席は一つではありません。いろいろなセレブタレントがいます。でもそこに「ゴージャス」と付けると、それだけで叶姉妹しかいなくなる。ぺーさんとパー子さんも、夫婦タレントという枠の中で、「賑やかし系」という自分たちだけの席を見つけたのです。

 自分の席を見つけたら、今度はそれを視聴者に浸透させないといけません。その点、二人は芸人である強みをフルに活かして「賑やかしキャラ」に徹してきたといえます。いつでもどこでもピンクの服で現れて、写真をパシャパシャと撮る。二人は喪服ですらピンクでした。ぺーさんのダジャレにパー子さんだけがキャハハと笑う鉄板の「くだり」もあります。ぺーさんが『お笑いウルトラクイズ』などで体を張ってきたことも、賑やかしキャラとして定着した要因の一つでしょう。

 昔からやっていることはそんなに変わりません。同じことの繰り返しですが、それを何十年も続けてきたことが一つのブランドになっています。実は芸風を変えてばかりいるほうが飽きられやすいんです。いつも同じ味付けだと分かっていても、同じ定食屋に行くのと似ています。いつも変わらないネタをやってくれる安心感がぺーさんとパー子さんにはあります。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン