• TOP
  • 芸能
  • 監修者が教えてくれた東京タラレバ娘「レバテキ」レシピ

芸能

2017.02.23 11:00  女性セブン

監修者が教えてくれた東京タラレバ娘「レバテキ」レシピ

『東京タラレバ娘』の「呑んべえ特製レバテキ」

 吉高由里子(28才)、榮倉奈々(29才)、大島優子(28才)が出演するドラマ『東京タラレバ娘』では、倫子(吉高)たちが、親友・小雪(大島)親子が経営する庶民的な居酒屋『呑んべえ』で女子トークを繰り広げる。

 店内のメニューには、牛スジこんにゃくや揚げ餃子など、いかにもお酒に合いそうな料理名が並んでいるが、これを手がけるのが、赤堀料理学園校長の管理栄養士・赤堀博美さんだ。

「コンセプトは、小料理屋というより大衆居酒屋。父娘でやっているので、温かくて家庭的というキーワードで、メニュー作りをしています」(赤堀さん、以下「」内同)

 ドラマの中で調理するのは、小雪の父・安男(金田明夫・62才)なので、煮物や野菜炒めなど、すぐに出せる料理が多く、味つけは、お酒に合うように比較的濃いめにしている。

「タラレバにちなんで、たらの白子やレバー料理は、このドラマの看板メニュー。レバカツもありますが、最近、よく出るのはレバテキです」

 テレビには少ししか映らなくても、決して味には手を抜かないと、赤堀さん。

「役者さんがおいしいと思ってくれて、それが自然に画面に映るといいなと思いながら作っています。最近は、カメラが回っていないところで役者さんが、料理をパクリなんてことも(笑い)。それがうれしくて」

 吉高は、「料理がおいしくて、食べすぎるから太っちゃいそう」と言っていたそうだが、できるだけ役者の好物も出したいと赤堀さん。

「坂口(健太郎)さんは、しょうが焼きが好物らしいので、今度出そうと思います」

 そのシーン、お見逃しなく。

 では、赤堀さんおすすめの「呑んべえ特製レバテキ」のレシピを紹介しよう。

◆呑んべえ特製レバテキ(1人分)
【1】新鮮な牛レバー100gは、水にさらして血抜きをし、水気を拭いて厚さ5mm、幅5cmに切る。
【2】市販の焼き肉のたれ大さじ1に【1】を30分ほど漬けこむ。
【3】 【2】のレバーの汁気をペーパータオルで拭いたら、フライパンを弱火で熱し、サラダ油小さじ1で火が通るまで両面をしっかり焼く。
【4】レバーの中まで火が通ったら、フライパンの余分な脂はペーパータオルで拭き取ってから、焼き肉のたれ大さじ1を入れ、レバーにからめる。
【5】 【4】を皿に盛りつけ、太ねぎ5cmを白髪ねぎにして散らす。

※女性セブン2017年3月9日号

関連記事

トピックス