芸能

監修者が教えてくれた東京タラレバ娘「レバテキ」レシピ

『東京タラレバ娘』の「呑んべえ特製レバテキ」

 吉高由里子(28才)、榮倉奈々(29才)、大島優子(28才)が出演するドラマ『東京タラレバ娘』では、倫子(吉高)たちが、親友・小雪(大島)親子が経営する庶民的な居酒屋『呑んべえ』で女子トークを繰り広げる。

 店内のメニューには、牛スジこんにゃくや揚げ餃子など、いかにもお酒に合いそうな料理名が並んでいるが、これを手がけるのが、赤堀料理学園校長の管理栄養士・赤堀博美さんだ。

「コンセプトは、小料理屋というより大衆居酒屋。父娘でやっているので、温かくて家庭的というキーワードで、メニュー作りをしています」(赤堀さん、以下「」内同)

 ドラマの中で調理するのは、小雪の父・安男(金田明夫・62才)なので、煮物や野菜炒めなど、すぐに出せる料理が多く、味つけは、お酒に合うように比較的濃いめにしている。

「タラレバにちなんで、たらの白子やレバー料理は、このドラマの看板メニュー。レバカツもありますが、最近、よく出るのはレバテキです」

 テレビには少ししか映らなくても、決して味には手を抜かないと、赤堀さん。

「役者さんがおいしいと思ってくれて、それが自然に画面に映るといいなと思いながら作っています。最近は、カメラが回っていないところで役者さんが、料理をパクリなんてことも(笑い)。それがうれしくて」

 吉高は、「料理がおいしくて、食べすぎるから太っちゃいそう」と言っていたそうだが、できるだけ役者の好物も出したいと赤堀さん。

「坂口(健太郎)さんは、しょうが焼きが好物らしいので、今度出そうと思います」

 そのシーン、お見逃しなく。

 では、赤堀さんおすすめの「呑んべえ特製レバテキ」のレシピを紹介しよう。

◆呑んべえ特製レバテキ(1人分)
【1】新鮮な牛レバー100gは、水にさらして血抜きをし、水気を拭いて厚さ5mm、幅5cmに切る。
【2】市販の焼き肉のたれ大さじ1に【1】を30分ほど漬けこむ。
【3】 【2】のレバーの汁気をペーパータオルで拭いたら、フライパンを弱火で熱し、サラダ油小さじ1で火が通るまで両面をしっかり焼く。
【4】レバーの中まで火が通ったら、フライパンの余分な脂はペーパータオルで拭き取ってから、焼き肉のたれ大さじ1を入れ、レバーにからめる。
【5】 【4】を皿に盛りつけ、太ねぎ5cmを白髪ねぎにして散らす。

※女性セブン2017年3月9日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン