• TOP
  • ビジネス
  • ネットで出てくる「ワケありサイト」 必ずしもお得ではない

ビジネス

2017.03.09 11:00  女性セブン

ネットで出てくる「ワケありサイト」 必ずしもお得ではない

ワケありサイトは必ずしも得ではない?

 ネットで“ワケあり通販”と検索すると、さまざまなサイトが表示される。一体どれを選んでいいのか、迷ってしまうもの。よく購入しているという、主婦で金融コンシェルジュの齋藤恵さんは、

「ワケあり商品との出合いは、一期一会。数に限りがあるものが多く、すぐに注文しないと売り切れてしまうこともあります。今すぐ欲しいものが必ずしも見つかるわけではないので、探していたものが見つかればラッキーと思って探しています」

 と言う。彼女は購入時、ネットショッピングでたまったポイントを利用しているとも。

「そのサイトのポイントを持っていれば、購入時にポイント利用が可能です。楽天などでは、ワケあり商品を購入してもポイントが付与されるので、商品が安く買えて、さらにポイントが付きます。それが“ワケありショッピングサイト”の醍醐味ですね」(齋藤さん)

 通常の商品より20~30%、割引率の大きいものだと半額以下で購入できることも多い。それゆえ、トラブルもあると、消費生活アドバイザーの久保京子さんは指摘する。

「ネットで検索すると表示される、ワケありサイトのすべてが、必ずしもお得なサイトとは限りません。なかには、正規品と同じような値段のものもあります。本当に正規品の販売価格からの値引率かどうかも確認してください。粗悪品やわざと傷をつけたものを安く仕入れて“ワケあり”として販売している業者もあり、ネットに掲載されている写真と実物が違うこともあるんです」(久保さん、以下「」内同)

 では、良心的なサイトはどのように見分ければいいのか?

「ひとつの基準としては、会社を審査してマークを付与している日本通信販売協会の“JADMA(ジヤドママーク)”がついているかどうかが目安になります」

 また、ワケあり理由がしっかり明記されていれば安心だ。

「ワケあり理由が書かれていない場合は、どんな理由があるのか、買う前に必ず問い合わせをしましょう。納得できる返答がなければ、そのサイトでの買い物は避けた方が賢明です」

 なかには、“ワケありにつき、返品不可”というものもある。よく考えてから購入しよう。

※女性セブン2017年3月23日号

関連記事

トピックス