• TOP
  • 国内
  • アレルギー原因物質を口にする「経口免疫療法」効果とリスク

国内

2017.03.10 11:00  女性セブン

アレルギー原因物質を口にする「経口免疫療法」効果とリスク

 佐藤さんの娘の学校は理解があったが、学校側が「何かあると怖い」とアレルギーを持つ子供に給食を一切食べさせなかったり、教室の隅で1人で食べさせる「ぼっち給食」も少なくなく問題になっている。

 子供の食物アレルギーが成長とともに改善していくことが多い中、佐藤さんの娘は長引いた。それでも中学1年生の時から始めた新しい治療法の効果で、かなり食べられるようになったという。

 その治療法は「経口免疫療法」。原因物質をごく少量から食べ始め、段階的に食べられる量を増やしていく方法だ。

 従来は「原因物質を徹底的に避ける」のがアレルギー治療の常識で、万全を期すために妊娠中や授乳中から母親がアレルギー食品を避けるよう指導する病院もあった。

 しかし、それが「効果がない」とする報告が相次ぎ、2008年にはアメリカの小児科学会が「アレルギー食品を避けることは推奨しない」と指針を変更。日本でも徐々に経口免疫療法が広がり始めたが、いまだにかつての常識を信じている人も多いのが現実だ。

“従来の治療”を守り続けてきた人のなかには、こんな後悔を口にする人もいる。

「うちの子は卵がダメで、病院で『卵を絶対に食べさせないように』と“完全除去”を指導され、徹底してきました。でも、経口免疫療法があると知って、別の病院を受診したら“アレルギーが出ない量なら、むしろ食べさせた方がいい”と言われて頭が真っ白になりました…。早くこの治療法に出合っていたら、もっと早くアレルギーが治まっていたかもしれません」(46才・主婦)

 佐藤さんの娘は中1の夏休みに負荷試験を受けるために入院。その食べ物をどれくらい摂取したらアレルギー反応が出るかを検査で確認し、退院後から治療を始めた。最初はうどんひとかけらから始め、医師の指導のもとで少しずつ量を増やしていった。

「中3の修学旅行では、ようやく外食ができるようになりました。本人も『やってよかった』『やっぱりいろんなものが食べられてうれしい』と言っています」(佐藤さん)

 宇理須厚雄さんが名誉院長を務めるうりすクリニックでは、次のようなステップで治療を行っているという。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス