• TOP
  • ビジネス
  • シャープ新社長・鴻海出身の載正呉氏が「最初にしたこと」

ビジネス

2017.03.26 07:00  週刊ポスト

シャープ新社長・鴻海出身の載正呉氏が「最初にしたこと」

 冒頭で戴社長は《この出資は買収ではなく投資であり、シャープは引き続き独立した企業です。ですから、鴻海からシャープの組織の一員となるのは私一人としました》と宣言する。

 さらに、シャープ社長としての自分のミッションを明らかにした。

《短期的には、一日も早く黒字化を実現するとともに、シャープを確かな成長軌道へと導き、売上・利益を飛躍的に拡大していくことです。その実現のためには、鴻海との戦略的提携が鍵となります。両社の強味を活かした幅広い協業を加速し、大きなシナジーを生み出せるよう、私が先頭に立って取り組みます》

 黒字化のためには、鴻海とのシナジー(相乗効果)が不可欠であると訴えたのだ。そのうえで、シャープで培われた伝統の堅持を表明する。

《早川創業者の“まねされる商品をつくれ”の精神や、経営理念や経営信条など、「創業の精神」は引き続き根幹となるべきものです》

 社員の「心をひとつ」にするものは創業者精神や経営理念など、社員と会社が共有できる目的でなければならない。その意味では、戴社長と鴻海の対応は旧経営陣と違って、きわめて適切な方法だった。

 社員にとっては、自分たちの不安を少しでも取り除こうとする戴社長の気遣いに誠意を感じられるメッセージだったろう。

文■立石泰則(ノンフィクション作家):たていし・やすのり/1950年、福岡県生まれ。中央大学大学院法学研究科修士課程修了。週刊誌記者等を経て、1988年に独立。1993年に『覇者の誤算―日米コンピュータ戦争の40年』で講談社ノンフィクション賞受賞。2000年に『魔術師 三原脩と西鉄ライオンズ』でミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞。『さよなら!僕らのソニー』『パナソニック・ショック』など家電メーカーに関する著書多数。

※週刊ポスト2017年4月7日号

関連記事

トピックス