ライフ

東日本大震災で家族失った人たちの真に迫る多数の霊体験

「身近だった人の霊や魂を感じたことが支え」という人も

 宮城県南部沿岸の亘理郡に住んでいた亀井繁さん(44)は、東日本大震災で自宅を津波に流された。当時39歳だった妻と生後1歳10か月の娘の遺体が発見されたのは3月24日だった。4日後に2人は山形で荼毘に付された。

 その夜のことだった。友人宅に身を寄せていた亀井さんは不思議な体験をした。

〈夜中に目が醒めると目の前に二人がいたんです。マスクをしてしゃがんだ妻に寄り添うようにしながら、娘が僕に手を振っていました。ただ映像が、テレビ放送が終わったあとの砂嵐のようにザラザラしていて、輪郭しか見えないんです。ああ、妻と娘が逢いに来てくれたんだと、泣いて手を伸ばしたら目が醒めたんです〉

 これは、ノンフィクション作家の奥野修司氏が2月に上梓した『魂でもいいから、そばにいて 3・11後の霊体験を聞く』に記されたエピソードだ(以下、〈〉内は同書より引用。人物の年齢は同書発売時)。東日本大震災後、被災者から不思議な霊体験の話をたくさん聞いたと、奥野氏は語る。

「最初に被災地に入ったのは、2011年の4月でした。当時は怪談めいたオバケの話がものすごく多かったのですが、1年半ほどすると“身近だった人の霊や魂を感じたことが支えになっている”と話す人が徐々に増えてきました」

 そのひとりが亀井さんだった。亀井さんは、単に妻と娘の夢を見たというわけではなさそうだった。目を覚ました後にもう一度目を閉じると、2人は同じようにずっと手を振っていたという。

 翌日、津波で2km近く流された瓦礫の中から大切な家族の思い出の品々が次々に見つかった。亀井さんは奥野氏に「妻と娘の魂が導いてくれたとしか思えません」と話した。

 その後も、眠っている時に目の前に妻が現われては、亀井さんに「いまは何もしてあげられないよ」「でも、信頼している」と語りかけてくれたという。

「被災者たちはこうした話をしても相手にされないことがほとんどで、病人扱いされて深く傷ついたという人もいました。彼らが私との別れ際に『これは本当のことなんです』と繰り返していたのは、体験したことをずっと人にいえず、胸の内に秘めていたからでしょう」(同前)

 当初は奥野氏自身、霊体験という科学的な裏付けのない話が「ノンフィクション作家が扱うべき領域なのか」と悩みながら取材していたという。

「しかし、見え方や感じ方はさまざまでも、被災地の方々は亡くなった身近な人の“魂”の存在を信じ、それによって救われていた。これは紛れもない事実なのです」(同前)

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン