• TOP
  • ライフ
  • 飼い猫がネズミや鳥を捕まえてきても叱ってはいけない

ライフ

2017.04.12 16:00  女性セブン

飼い猫がネズミや鳥を捕まえてきても叱ってはいけない

猫は飼い主を狩りが下手な子猫だと思っている

 たくさんの癒しを与えてくれるかわいいペットだが、時に予想外の行動で飼い主を困らせてしまうこともある。三重県の女性から、こんなお悩みが届いた。

「愛猫が、鳥やネズミなどを捕まえて持って帰ってきます。片付けがとても大変なので、やめさせたいのですが、どうしたらいいでしょう?」(三重県・犬より猫派、56才・主婦)

 そんなお悩みに、国際猫学会ISFM所属。東京港区に猫専門動物病院「Tokyo Cat Specialists 」を開院している山本宗伸さんが解決策を教えてくれた。

 * * *
 捕まえた獲物をまるでお土産のように持って帰ってくる。飼い主にとっては迷惑なことですが、猫にしてみれば飼い主へのプレゼントのつもり。私の母親も、愛猫から予期せぬプレゼントをもらい、よく声をあげて驚いていました(笑い)。

◆獲物を持ち帰るのは狩猟本能の表れ

 猫が私たちに“ありがたくないプレゼント”をくれる理由は、2つ考えられます。

 1つ目は、母猫が子猫のために獲物を持ち帰る行動の名残り。愛猫はあなたのことを、狩りが下手な子猫だと思っており、獲物を恵んでくれているというわけです。特に、わざわざ獲った物を見せに来る場合は、こちらの可能性が高いでしょう。

 2つ目の仮説は、獲物を持ち帰って、後で食べようと思っているから。猫が獲物を捕まえた場所は、おそらく家から離れており、他の猫の縄張りでしょう。猫は獲った場所ではなく、安全な場所に戻ってから食べる習性があります。そのため、とりあえず家に一度持ち帰ったものの、市販のキャットフードほどおいしくないことに後から気がつき、そのまま放置されたのではないでしょうか。

 いずれにせよ、私たちをギョッとさせるのは、やめてほしいところです。しかし、猫にとっての狩りは、私たちの“仕事”に相当します。数千年の猫の歴史で、狩りが下手な猫は生き残れませんでした。猫が自分で狩りをする必要がなくなったのは、ここ数十年の話。そのため、猫に狩りをやめさせるのは、非常に難しいでしょう。

◆やめさせるのは不可能。家から出さずに対応を

 ありがたくないプレゼントで気分が害される気持ちはわかりますが、まず、叱るのだけはやめてください。猫からすると、なぜ飼い主が怒り始めたのかわからず、混乱してストレスを感じてしまいます。

 どうしてもやめさせたいなら、外に出さないようにするしかありません。猫が室内でも運動不足にならない工夫をしたり、猫の性格を考えて、室内飼育に移行できるか検討してあげましょう。

※女性セブン2017年4月20日号

関連記事

トピックス