• TOP
  • ライフ
  • 風水の極意 万年床は凶、湿った場所で寝るのは大凶

ライフ

2017.04.12 16:00  女性セブン

風水の極意 万年床は凶、湿った場所で寝るのは大凶

直居由美里さんが時間を絡めた運勢アップ術を伝授

 家の中の家具の配置を変えることで、風水的な運勢がアップすると考える人が多いかもしれないが、実はそれだけでは十分ではないという。風水建築デザイナーの直居由美里さんが、“時間”を絡めた運勢アップ術を教えてくれた。

 * * *
 一般的な風水のイメージといえば「西に黄色を置くと金運アップ」というように、室内を整えて開運アイテムを置くことだと考えられています。

 でも、本来の風水は家の中という場所だけではなく、時間の使い方も指南するものです。

 風水の基本である陰陽五行は方位だけでなく年月日時をすべて司っています。家をいくら掃除しても、運が開けないという人は時間の管理ができていないことが多いのです。新年度が始まり、新しい生活を始めた人も多いことでしょう。心機一転、生活習慣を改めるチャンスです。

 まず、朝の過ごし方。ぎりぎりまで寝るのではなく、朝日とともに目覚めるようにするのが理想的。新規スタートの気を体内に取り入れることができます。

 世の中が多様化して、勤務時間も人それぞれになってきました。9時から5時までという一般的な働き方ではなく午後から、あるいは深夜に働いている人も多いことでしょう。

 その場合でも、一日のリズムを作ることが大切です。翌日の準備をせずに、ぎりぎりまで寝てあわてて出て行くと、忘れ物をしたり、仕事の効率も悪くなります。常に次の事態を想定して準備しておくと、心にゆとりができます。

 次の日に着る服、靴、そしてバッグの中身は前日、寝る前に整えましょう。時間に追い立てられるのではなく、自分が時間を支配するのです。

 そのためには一日のスケジュールを立てることが有効です。「何時にこれをする」ということが決まっていれば、自動的に開運行動がとれるようになります。

 朝起きたら何を食べ、何を着て、何を持って出かけるか。前日に用意しておくと一日の始まりがスムーズですが、その日の朝に一から揃えるようでは、運気は安定しません。

 また、私は、朝起きると真っ先に寝室のカーテンを開けて空気の入れ替えをすることを習慣にしています。眠り(陰)から、覚醒(陽)への切り替えです。外気に当たれば、気持ちがすっきりします。

関連記事

トピックス