芸能

最新芸能記事のRSS

P・マッカートニー 頻繁に来日公演を企画する背景と需要

2017.04.12 16:00

「2017年に日本に行きます! そのときにお目にかかりましょう」──昨年末の紅白歌合戦にビデオ出演し

「2017年に日本に行きます! そのときにお目にかかりましょう」──昨年末の紅白歌合戦にビデオ出演し、そう呼びかけたのは、ポール・マッカートニー(74)だ。その言葉通り、今月末に日本武道館と東京ドームで来日公演を行なう。ファンは期待に胸を高鳴らせているかと思いきや、そう単純ではないようだ。

「実は、ビートルズの全盛期を知る年代の人から『えっ、また来るの?』という声が聞こえてきます。3年半で3回、ほぼ年に1回ペースですからね」(芸能事務所関係者)

 2013年秋の11年ぶりの来日公演は大きな話題を呼び、26万人を動員。そこから“ハイペース来日”が始まった。わずか半年後に再来日(本人の体調不良で公演は中止)。翌2015年にも武道館公演を敢行し、今回に至るのだ。頻繁に来日公演を企画する背景について、業界関係者はこういう。

「東京ドーム公演のチケットは1万4000円から。収容人数5万人で単純計算すると、売り上げは1日で7億円以上にのぼる。ポールへのギャラは最低3億円ともいわれています。日本側も、大御所スターが立ち寄ると箔がつく高級ホテルやレストランが大歓迎。スイートルームを格安で用意したり、自動車メーカーが車を用意したりと至れり尽くせりです。旅行気分で悪い気はしないのでしょう」

 需要もある。50~70代のビートルズ世代は、日本の人口のボリュームゾーンであり、カネも暇もある世代だ。音楽評論家の富澤一誠氏はこう語る。

「日本は、音楽市場で米国に次ぐ世界第2位。青春時代にビートルズの曲を聞いた50~70代は約4800万人いますから、その1割と仮定しても潜在的なファンは480万人ほどと見ていい。東京ドーム3日間の収容人数が15万人ですから、“死ぬ前にポールを見ておきたい”というファンはまだまだいるという計算が成り立つ」

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP