• TOP
  • 国内
  • ネットニュースのコメ欄を席巻する中韓嫌いな人々の飛躍思考

国内

2017.05.08 16:00  週刊ポスト

ネットニュースのコメ欄を席巻する中韓嫌いな人々の飛躍思考

ネットニュース編集者の中川淳一郎氏

 ネットニュースのコメント欄といえば、素直な感想や冷静な議論はあれど、一方的な思い込みによる言葉が連ねられているのが常だ。ネットニュースを読んでいる人の多くは、そのような感想は持っていないが、一部の熱心なコメントユーザーによって現実とは違う雰囲気が作り出されている。コメント欄を席巻する彼らについて、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が分析する。

 * * *
 4月28日の朝日新聞電子版に「コメント欄にはびこる嫌韓・嫌中 ヤフー・ニュース分析」と題する記事が登場した。コメント欄などどうせ荒れるだけなのに、いくらPV稼ぎのためとはいえよくぞここまでヤフーは運営しているな、と常日頃思っていた矢先の調査である。以下の記述があった。

〈韓国絡みの言葉を含んだコメントが最も多くて全体の20%近く、中国関連とあわせると25%を占めた〉

 そして、次はウェブサイト運営者ならば把握しておく必要があるデータだ。

〈今回の分析では1週間で100回以上コメントを投稿した人が全体の1%いた。この1%の人たちの投稿で全体のコメントの20%が形成されていた〉

 要するに、韓国と中国が憎くてたまらない暇人がせっせと書き込みに勤しむ姿が読み取れる。彼らは何事をも中韓に結びつけることができる特殊能力を持っており、神奈川新聞の「愛情持った支援を 生活保護ジャンパー問題(※)でシンポ」の記事に対しては、こうコメントする。

【※小田原市の生活保護担当の職員が「保護なめんな」と書かれたジャンパーを着て業務していた問題】

トピックス