芸能

新幹線ホームで菅田将暉のファン同士がトラブル、警察沙汰に

ファン同士が警察沙汰の騒動に

 菅田将暉(24才)に野村周平(23才)、竹内涼真(24才)、間宮祥太朗(23才)、志尊淳(22才)、千葉雄大(28才)ら今をときめくベスト・オブ・ベストのイケメンたちが顔を突き合わせ、深謀遠慮の生徒会長選挙に奔走する話題の映画『帝一の國』。4月末に公開されるやいなや、

「主人公役の菅田くんが最高!」
「お坊ちゃま風の野村くんにくすぐられる」
「私は千葉くん推し!」
「弾役の男の子(竹内)カッコよすぎる」

 と、世の女性ファンの黄色い声が飛び交っている。そんな彼らの人気ぶりが思わぬ騒動を招いてしまった。

 菅田は公開翌日から、3日間かけて日本全国を飛び回り、福岡や大阪、仙台など8か所で舞台挨拶を行った。5月1日の夕方、菅田が訪れたのはさいたま市内の映画館。到着を前に、JR大宮駅の新幹線ホームには「菅田の姿を一目見たい」という十数人のファンが集まっていた。

「お昼が仙台で挨拶だったのできっと新幹線でここに来るだろうと待ってたんです。熱心なファンが集まったんですが、ちょっと温度差があるようでした。なにがなんでも一緒に写真を!みたいな熱狂的な人もいれば“静かに見守ることこそ真のファン”みたいな人もいて」(居合わせた人)

 菅田を乗せた東北新幹線・はやぶさ58号が夕方5時6分に駅に到着。ホームに降り立ったところでトラブルが起きた。

「キャーキャー黄色い歓声をあげて騒がしく写真を撮り始めた一部の人に向けて、見かねた別のファンが注意するようなことを言ったんです。写真やめましょうよとカメラを手で遮ったりしているうちに手が体に触れたみたいなんです。それで、“今ぶつかった、叩かれた! これ傷害罪ですよ!”って叫んで大騒ぎになっちゃった。

 最初は“菅田くん!”“かっこいい!”っていう呼びかけに笑顔で応えていた菅田さんでしたが、ところどころに“傷害罪!”“警察!”っていう叫び声が交じっている状況に表情は一変し、青ざめてました。ホームからスタッフに囲まれて歩いて移動しながら、心配そうに見つめてましたよ。結局、トラブルになった人たちは駅構内の交番に駆け込んだみたいです」(前出・居合わせた人)

 一歩間違えれば大惨事となっていてもおかしくない。スターへの愛もほどほどに。ファンにも「節度をもった愛情」が求められている。

※女性セブン2017年6月1日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン