国内

「AV取締官」誕生、業界はさっそく対応策を模索

「出演強要問題」について会見したNGO団体(写真:時事通信フォト)

 5月19日、AV業界を震撼させる情報が政府から発せられた。各都道府県警に「アダルトビデオ出演強要問題専門官」が新設されることが決まったのだ。すでに「AV取締官」なる通り名で呼ばれ、その動向に戦々恐々としているという。これは業界にどんな変化をもたらすのか──。

 専門官誕生の背景にあるのは、昨年6月に大手AVプロダクション「マークスジャパン」の社長らが逮捕された事件に端を発したAV出演強要問題だ。この事件は、「泣き寝入り」せざるを得ない弱い立場の女性たちがいることを知らしめた。「AV取締官」には、どんな警察官が任命されるのか。

 警察庁は「まだ検討中で何も決まっておりません」としているが、AV出演強要問題を長く取材してきたジャーナリスト・渋井哲也氏はこう推測する。

「おそらく業界内部に精通する人物を据えて、街頭スカウトの指導や検挙を行なっていくことになるだろう。特に悪質な業界関係者の捜査もやっていくことになるはず。網の目のような情報収集能力と、裏社会の相手にも動じない胆力が必要になってくるはずです」

「AV取締官」という響きとは裏腹に、ハードな仕事が待ち受けていそうだ。すでにAV業界も、対応策に追われている。

「各プロダクションは、女性と新規契約する際、後にトラブルにならないよう、話し合いや契約書作成の要所要所を撮影して記録に残すようにしている。あるAVメーカーは“これは強要ではなく自ら出演を望んでサインするものです”と、女性に声を出して読んでもらって録音するほどです」(大手AVプロダクション関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン