芸能

生島ヒロシのラジオが金字塔、魅力はハプニングや昭和ギャグ

『生島ヒロシのおはよう定食/一直線』が放送5000回を記録

 ハプニングを魅力に変える男が金字塔を打ち立てた──。6月5日、『生島ヒロシのおはよう定食/一直線』(TBSラジオ、毎週月曜~金曜、朝5時~6時30分)が放送5000回を迎えた。TBSアナウンサーの榎本勝起が1978年10月から19年半にわたってパーソナリティを務めた『榎さんのおはようさん~!』終了後、生島ヒロシが1998年4月から早朝の時間帯を受け継ぎ、現在に至っている。

 開始当初は「榎さんに戻してほしい」というリスナーの声も出ていたようだが、生島は独自の路線を開拓し、人気を集めている。『おはよう定食/一直線』を長年聴いている生島ヒロシ研究家でライターのシエ藤氏が話す。

「番組内容の濃さが長寿の秘訣でしょう。高齢者リスナー向けの健康情報や介護、資産運用に関するコーナーに時間を割き、生島さん自身もヘルスケアアドバイザーや福祉住環境コーディネーター、ファイナンシャルプランナーなどの資格を取得。弛まぬ努力をされています。また、生島さんの広い人脈で、早朝の時間帯ながら浅野史郎元宮城県知事や田中康夫元長野県知事などの大物ゲストをブッキングできることも付加価値となっている」(以下、「」内シエ藤氏)

 他の追随を許さない情報量の密度に加え、生島自身が起こす、生放送ならではのハプニングも魅力のひとつだという。

「生島さんはいつもハチミツを横に置いて、時折舐めながら放送しています。ハチミツは健康に良いらしいんですね。でも、ごく稀に放送中に瓶を倒してしまうこともある。お茶をこぼしたかと思えば、ラジオショッピングのコーナーに出てきたケチャップのついたソーセージをズボンに落とし、『あー! 降ろしたての白いズボンなのにー!』と叫んだこともある。

 こんなフリーダムな放送は他では間違いなく聴けません。大きなクシャミもするし、しゃっくりが出ることもある。生理現象ですから仕方ありませんよ。これらの行動は決して狙っておらず、自然なので好感を持てるんです。また、白いズボンにケチャップをこぼしても、『いいや、クリーニングに出そう』と素早く切り替えるところに、生島さんが長年番組を続けられる理由が垣間見えます」

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン