ライフ

大分発「異次元のやきそば」一子相伝ソースと唯一無二の焼き

大分の日田焼そばは「想夫恋」から始まった

 東京ではほとんど知られていない九州人のソウルフードとも言えるやきそばをご存じだろうか。それは「日田焼そば」だ。このやきそば、あるひとつのお店から始まった。その名は「想夫恋(そうふれん)」。いまや九州はもちろん東海地区そして関東にいたるまで40店舗以上を展開している。しかし、東京では九州出身者や一部のファンにしか知られていない存在だ。

 一般的なやきそばと「日田焼そば」の最も大きな違いは、その調理法にある。前者が蒸し麺を炒めるのに対して後者は生麺をしっかり焦げ目が付くくらいに焼く。パリパリサクサクの食感はまさに唯一無二。

「想夫恋」の素材へのこだわりは尋常ではない。主役である麺は自家製麺。外部の業者に発注した時期もあったが、週に2日しか納得いくものが納められなかったことから自社生産に踏み切ったという。ローラーなど器具に関する研究も怠りなく、熟成させた麺は独特の粘りを生む。

 麺に勝るとも劣らない存在感を発揮するもやしも自社生産で、肉も自社加工。捌かれた豚肉を実際に見て買い付ける。もち豚の様々な部位を厚切りでカット。満足感ある食べ応えにつながっている。

 ソースは一子相伝の味。社長夫人とその母(創業者夫人)のみが製法を知る。ソースに使われるトマトも自社栽培というから驚かされる。また、焼き加減が重要な伝統の味は、熟練のスタッフによって受け継がれている。中には勤続30年のベテランもいるという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン