国内

新元号 頭文字がM・T・S・Hと異なるKが有力との説も

生前退位で新元号にも注目集まる(撮影/雑誌協会代表取材)

 天皇の生前退位発表により「平成のおわり」が確実となり、新元号制定の準備が進められている。新元号をどのようなものにすべきかの法的基準はないが、1979年の大平内閣時代にまとめられた閣議報告「元号選定手続き」には以下の6項目がある。

【1】国民の理想としてふさわしいような良い意味を持つものであること
【2】漢字2字であること
【3】書きやすいこと
【4】読みやすいこと
【5】これまでに元号又は諡として用いられていないこと
【6】俗用されていないこと

 これらの“条件”を守ることは、簡単なようで案外難しいと内閣内政審議室長として「平成」の新元号制定の実務を担当し、後に元内閣官房副長官を務めた的場順三氏は言う。

関連記事

トピックス

スキンヘッドの渋谷容疑者(2006年に行われた会見)
《一夫多妻の白いハーレム》近隣住民が目撃した、元占い師の逮捕現場一部始終「有害物質が出ているから窓を閉めて!」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
“妻”を侍らせる渋谷容疑者(『週刊ポスト』2006年2月10日号より)
《一夫多妻ハーレム生活の全貌》逮捕された元占い師(74)が過去に明かしていた「求めている女性がいれば、その女性と」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れた女性(SNSより)
【迷惑行為動画】渋谷のZ世代はどう思うのか「刑事と民事ってナニ?」「少年法で守られる」の声 河野大臣の声は届かない
NEWSポストセブン
中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン