国内

政治主導の「官僚は図に乗るな」思想に異を唱えた前川氏

官僚と政治家のゆがんだ関係が露呈?

 文部科学省の前川喜平・文部科学省前事務次官(62才)による加計問題に関する告発劇。一連の騒動で見えてくるのは、官僚と政治家のゆがんだ関係である。

 戦後の高度成長期を支えた一端は、まぎれもなく日本の優秀な官僚たちだった。しかしバブル期、リクルート事件や厚労省事務次官の収賄事件、旧大蔵省のノーパンしゃぶしゃぶ接待など、権力を持ちすぎた官僚の劣化が際立ち、「政治主導」が唱えられた。「官僚任せにせず、政治家が物事を決める」という意思表示である。

 以降、元首相の橋本龍太郎、小泉純一郎らが政治主導の流れを作り、官僚の既得権益に切り込んでいった。

「2009年に民主党政権が誕生する直前、小沢一郎さんは“脱官僚”を掲げて、霞が関が握る国の一般会計と特別会計の合計200兆円をすべて組み替えると提言しました。これは予算と人事を奪って霞が関をつぶす究極の政治主導の試みです。当時は全省庁が小沢さんの敵に回り、彼のもくろみは幻となりましたが、政治家の中にはそれほど強行な考えを持った人間もいるのです」(全国紙記者)

 民主党政権の崩壊後に誕生した安倍政権は、政治主導を実現するため、審議官級以上の官僚およそ600人の人事を一元管理する内閣人事局を設置。菅義偉官房長官が実質的に人事権を握り、官僚を支配する体制となった。

 政治主導の掛け声のもと、省庁が許認可権を持つ規制を緩和する動きも盛んになった。今回の問題も文科省の持つ大学設置の許認可権に、官邸の意向を受けた内閣府が迫ったという側面がある。元文科省官僚で、前川氏をよく知る寺脇研氏(京都造形芸術大学教授)はこう語る。

「政治主導の根底にあるのは“官僚は図に乗るな”という上から目線の思想です。確かに官僚主導の行きすぎは問題ですが、内閣府が異様に強くなり、“お前たちは黙っていろ”という乱暴なやり方がまかり通るのは、おかしいです」

 この状況に異を唱えたのが、他ならぬ前川氏だったともいえる。前川氏は2005年に小泉内閣が公立小中学校の教職員給与の国負担分を2分の1から3分の1に引き下げた際、「奇兵隊、前へ!」と題したブログを公開し、政府の方針に抵抗したことがある。

「官邸と闘いつつ、かつての部下も守る。そんなことができるのは前川さんだけだと思います」(寺脇氏)

※女性セブン2017年7月13日号

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
尹錫悦・大統領(右)の対日協調路線は、李在明氏の影響で…(写真=AA/時事、AFP=時事)
韓国・尹錫悦大統領、ライバル・李在明氏の国政進出で早くも反日転向か
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
二階派に動き?(時事通信フォト)
二階俊博・元幹事長に不気味な存在感 日韓関係修復で総理を出し抜く計画か
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン