国内

進行がん患者「同じ時間なら泣いて過ごすより笑って過ごす」

進行がんのシングルマザーが胸中を語る(写真/アフロ)

 がんを告知されたら、多くの人が絶望してしまうかもしれない。しかし、自分のためにも、そして家族のためにも、がんという現実を受け入れて、希望を失わずに生きていくことが何より重要だ。「がんと共に生きる」──。そう決断したシングルマザーが、がんとの向き合い方についた語る。

 浅野恵美さん(仮名、48才)。1968年、北海道生まれ。1990年に結婚、1998年に離婚、現在26才と19才の娘を持つシングルマザー。2011年にステージIIIの膵臓がんが発見され、手術するが、2012年に肝臓、2015年に肺と胸膜に転移し、摘出手術を。6年以上の抗がん剤治療が続いており、現在も胸膜に転移がんがある。娘2人は独立して、ひとり暮らし。

 * * *
 北海道出身で、今も北海道で暮らしています。下の娘の成人式まで生きることを、1つの人生の目標にしています。

 膵臓がんが見つかったのは2011年2月です。ある朝、突然お腹が痛くなって、救急車を呼びました。早朝だったし、痛みが治まればすぐに帰れると思っていたので、娘たちは起こさずに病院へ行ったのですが、検査をしたら膵臓に腫瘍が発見され、膵臓がんであることを告げられました。

 そのまま入院となり、半月後には手術を控え、衝撃が走りました。娘とどんな会話をしたかも覚えていません。生きていられるのかなと不安になりました。

 膵臓がんは、初期症状がほとんどないため、早期発見が難しいんです。そのため、進行している状態で見つかるケースが多いそうです。

 先生に「生存期間どれくらい?」と聞いたら、「5年、10年の単位では考えないでください」と言われました。「1年1年の更新で考えましょう。それが5年にも10年にもなるから、頑張っていきましょう」と言われました。

 子供たちのためにどうにかして生きなくてはと思いました。親は私しかいないので、この子たちから親を奪ってはならない。いなくなることはできないと思いました。

 上の娘は毎日、病室に来てくれましたが、中1だった下の娘は、私の病気を受け入れられず、「お母さんが死んだら、自分が働かなくちゃいけない」という不安も抱えていたようです。1週間だけですが、登校拒否もしていました。2人とも私への接し方が変わらなかったのがありがたかったです。

 膵臓の手術から半年後、肝臓に転移していたことがわかり、心がポッキリ折れてしまいました。でも、そこで無理をして働いては娘に親がいなくなってしまう。それ以降、仕事を辞めて、両親の世話になっています。

◆がんだからといって嘆き悲しむことはない

関連記事

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン