ビジネス

進化するインバウンド 台湾人、中国人は日本をよく分かってる

大前研一氏がインバウンドの現状を解説

 2017年6月の訪日外国人客数(推計値)は、前年同月比18.2%増の234万6500人で、上半期の累計は同17.4%増の1375万7300人だと政府観光局(JNTO)が発表した。年間2700万人以上に達する勢いで、3000万人の大台も見えてきた。訪日客が増えるにつれ、彼らによるインバウンドのあり方も変化をしている。経営コンサルタントの大前研一氏が、外国人のインバウンドの進化について解説する。

 * * *
 外国人のインバウンドはどんどん“進化”している。なかでも先頭を走っているのは台湾人で、2016年は中国、韓国に次ぐ約417万人が訪日した。台湾の人口は約2355万人だから、単純計算だと1年間に台湾人の5~6人に1人が訪日していることになる。彼らは温泉も刺身も好きだし、リピーターはレンタカーやレンタバイク、レンタサイクルを借りて自分の好きなところを走ったりもしている。

 たとえば、台北の「松山空港」から愛媛の「松山空港」にチャーター便で入って今治市にある世界最大の台湾の自転車メーカー「ジャイアント」の店舗で自転車を借り、四国と本州をつなぐ「しまなみ海道」を広島の尾道まで走って同じ「ジャイアント」の店舗で返却する、といった楽しみ方をしている。

 また、私が昨年バイクで北海道を一周した時は、美瑛の「青い池」近くの喫茶店で、札幌からレンタバイクで長距離ツーリングをしている4人組の台湾人に出会った。詳しいルートを教えてもらったが、1日500kmも走っており、日本人以上に日本の地方の良さを発見する旅を満喫していた。

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン