ライフ

哲学者・千葉雅也「考えを冷蔵庫に寝かせる」ことが大切

立命館大学大学院准教授の千葉雅也氏

【今回紹介する書籍】『思考の整理学』/外山滋比古・著/ちくま文庫/本体520円+税

【著者プロフィール】外山滋比古(とやま・しげひこ)1923年愛知県生まれ。お茶の水女子大学名誉教授。英文学者、評論家、エッセイスト。『知的な老い方』(だいわ文庫)、『新聞大学』(扶桑社)、『乱読のセレンディピティ』(扶桑社文庫)など著書多数。

 近年、東大・京大で最も読まれている文庫本が、思考の方法について綴ったエッセー、外山滋比古著『思考の整理学』(ちくま文庫)。1983年に刊行されて以来売れ続け、昨年累計200万部を突破した、大学生やビジネスマンのバイブル的な本である。

 一方、今春刊行され、同じく今東大・京大で最も売れている単行本が、千葉雅也著『勉強の哲学来たるべきバカのために』(文藝春秋)。〈勉強とは、自己破壊である〉に始まり、勉強の本質を原理的に深く考察し、その実践手法まで紹介した本だ。

 気鋭の哲学者はロングセラーのバイブルをどう読むか。また、〝知的武装術〟の本や歴史本のブームをどう見るか。

(インタビュー・文 鈴木洋史)

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン