• TOP
  • 国内
  • 首相が反主流派に大臣手形バラ撒き 政権失った10年前酷似

国内

2017.08.01 07:00  週刊ポスト

首相が反主流派に大臣手形バラ撒き 政権失った10年前酷似

政権維持のためにはなりふり構わず?

「溺れる者は藁をもつかむ」というが、安倍晋三首相は政権維持のためになりふり構わぬ“抱きつき作戦”に出た、という情報が永田町を駆け巡っている。

 安倍批判の急先鋒の村上誠一郎・元規制改革相をはじめ、中谷元・元防衛相など反主流派の有力議員に様々なルートで「入閣候補に挙げられている」との情報が伝えられ、“大臣手形”がバラ撒かれているというのである。

 村上氏といえば首相の人事を「お友だちか、同じ思想を持っている人か、イエスマンの3パターンしかない」と批判し、中谷氏は首相の加計疑惑対応を「権力者は『あいうえお』だ。焦らず、威張らず、浮かれず、えこひいきせず、驕らず、それを戒めないと信頼を得られない」とこき下ろして反主流派の“喝采”を浴びた人物だ。

「いくら倒閣の芽を摘みたいからといっても、これでは反主流派総活躍内閣じゃないか」

 見え見えの懐柔策に、党内からはそんな声が挙がっている。

 安倍首相が「一強」と呼ばれてイエスマンしか入閣させなかった時は歯牙にもかけなかった顔ぶれだけに、入閣候補に名前が上がること自体、首相の尻に火が付いていることを物語っている。しかし、入閣情報で目先の党内の反乱は防げたとしても、“空手形”に終われば反主流派の不満は倍増して政権にはね返る。

関連記事

トピックス