国内

人間ドックと家庭の血圧測定普及の背景に日野原重明さん

「家庭での血圧測定」は日野原氏なしでは実現できなかった

 都内在住の主婦・佐藤あけみさん(45才・仮名)一家のある朝。小学生の子供を送り出した後、メタボ気味の夫に血圧を測ってから会社に行くよううながしながら、自分もついでに測定する。食事の用意をする時は生活習慣病にならないよう毎日のメニューに気を使う。来月には、夫は会社の人間ドックを控えており、佐藤さんの気持ちは落ち着かない。「やっぱり家族の健康がいちばんね」と彼女は思う──。

 今やどこの家庭でも見られるこうした日常の光景は、ひとりの医師の登場がなければ存在しなかった。その医師とは7月18日に亡くなった聖路加国際病院(東京都中央区)の名誉院長だった日野原重明さん(享年105)だ。「家庭での血圧測定」は、日野原さんなしでは実現しなかった。かつて、血圧を測ることは「医療行為」とみなされ、資格を持つ者でないと行えなかった。生前の日野原さんを何度も取材したジャーナリストの大西康之さんが言う。

「日野原さんは“毎日、血圧を測ることが生活習慣を改めて病気を予防する”と主張して、厚生省に家庭での血圧測定を認めさせました。さらに自ら全国を回って、当時利用されていた水銀式の血圧測定計の使い方を主婦に教えていました」

 予防医療の第一歩となる「人間ドック」を考案したのも日野原さんだ。彼は国立東京第一病院の小山善之院長とタッグを組み、病気になる前から定期的にメディカルチェックを行う「定期健康検査」を始めた。これが、後に「人間ドック」と呼ばれるようになる。日野原さんの強味は、理想を現実にする実行力だと大西さんが続ける。

「予防医療の活動にかかる莫大な資金は、過去に日野原さんに命を救ってもらった財団法人日本船舶振興会(現日本財団)の笹川良一氏が支援しました。競艇事業をしていた笹川氏からの資金提供には世間の批判もあったが、日野原さんは『お金に色はない』と意に介さなかった。クリスチャンの日野原さんには、“ミッションをコンプリート(完遂)することが重要だ”との固い信念があったのです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン