• TOP
  • 国内
  • 石破茂氏「改憲議論は安倍私案をもとに進んでいいのか」

国内

2017.08.09 16:00  SAPIO

石破茂氏「改憲議論は安倍私案をもとに進んでいいのか」

2012年の自民党改憲草案は「国防軍」を明記している

 支持率急落に直面した安倍晋三首相は、政局の場面転換を図るように憲法改正へと走りだした。秋の臨時国会に改憲案を提出し、来年中に「国民投票」にかけるという“駆け足改憲”だ。

 だが、その内容は政権の公約と大きく違っている。9条を改正して「国防軍」を創設する自民党草案ではなく、9条を残して「自衛隊」を条文に追加するという安倍私案が打ち出されたからだ。

 自民党草案の9条改正部分の起草委員である石破茂・元幹事長は「改憲議論は粗略にすべきではない」と訴える。

──改憲論議は安倍私案をもとに進もうとしている。国防軍創設を盛り込んだ自民党草案はどうなったのか。

石破:今も自民党の憲法改正案は2012年に党議決定したあの草案のままです。安倍総理の提示された内容は、まだ党で正式に議論されていないし、草案を変える手続きは何もやっていない。

 総理が「よく読め」と仰せだからと読売新聞の記事を読み、総理の考えを忖度して議論を進めようというのはいかがなものか。中には、「草案は野党時代につくったから、ピュアな内容のものを出せた。でも、今は与党になった。政治は妥協だからね」という人もいる。

関連記事

トピックス